fc2ブログ

薩摩藩の暗黒史 ③隠れ念仏

薩摩藩では廃仏毀釈のはるか前の1597年から、一向宗(浄土真宗)を禁制にしていました。一向宗の平等主義と団結力が、藩の支配体制には不都合であったからといわれています。

さらに、原口泉著「NHKかごしま歴史散歩」(日本放送出版協会)には、「経済的な理由が大きい。」とし、「“収奪本願”といわれるほどたくましい本願寺による農村搾取は、生産力の弱い薩摩藩の領主としては許容できるものではなかった。」と書かれています。その他にも、諸説があります。

幕府は民衆支配に一向宗の教団を利用しようとし、本願寺側も寺請制度を通じて檀徒との結び付きを強めて、幕府に協力しました。その結果、本願寺は、江戸時代に日本の総人口の半数を檀徒に擁する最大の教団となりました。

しかし、南九州の人吉藩と薩摩藩は、一向宗を禁止しつづけたため、信者は隠れ念仏となったのです。信者は、武士、農民・庶民にまで広範囲にわたっています。


花尾かくれ念仏洞


花尾かくれ念仏洞


一向宗の寺院がないので、信者は「講」という秘密組織をつくって、土蔵の二階や山中の洞穴(ガマ)に夜間集まり、ご本尊の阿弥陀仏を拝みました。「隠れ洞穴」「念仏洞」と呼ばれる洞穴は、今でも県内各地に残っています。

薩摩藩は、1635年ころから取り締まりを厳しくして、領民各人に名前・身分・宗旨などを書いた木札を交付して、定期的に調査・更新したり、宗体奉行と宗体座を設置して摘発体制を強化しました。
さらに、1768年には5人組で真宗信者を相互監視する制度を、1776年には密告制度をとって密告者を褒賞するようにしました。

摘発された信者には、財産没収、士籍剥奪、流刑、拷問・酷刑、斬罪、切腹などの刑罰が与えられました。伝えられている拷問・酷刑の数々は、あまりにも悲惨で、その様子を書く気にもなれません。まさに恐怖政治の世界でした。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する