fc2ブログ

ドライアイを治したい 3. ヒアレイン点眼液を使い始めた

白内障の術後の定期検診のために、都城市にある眼科医院に行った際に、医師にドライアイを治して欲しいとお願いしました。


ヒアレイン点眼液
医師から、まずはドライアイ治療薬として、最も広く使われている「ヒアレイン点眼液(一般名:ヒアルロン酸ナトリウム)」を使いなさいと、次回の定期検診までの点眼液(5mL)12瓶を出してもらいました。薬代は1,740円でした。
瓶には「ヒアレイン点眼液0.1%」(参天製薬)と書いてあり、「1日4回両目」と書いたラベルが貼ってありました。

この点眼液が広く使われている理由は、ヒアレインの主成分であるヒアルロン酸の保湿効果と安全性の高さにあるそうです。

「ヒアレイン点眼液0.1%」には、多くのメーカーからジェネリック医薬品や主成分が同じ薬が出ています。市販していないので、入手するには医師から処方してもらうしか手がありません。


ネットから、ヒアレイン点眼液に関して以下の情報を知りました。
① 角結膜上皮障害を引き起こすドライアイなどの他に、何らかの理由(お薬の副作用やコンタクト装着)で目が乾燥している場合にも用いられることがある。

② ヒアレイン点眼液0.1%を角膜上皮障害の患者さんに投与した時の改善率は、67.5%と報告されている。

③ ヒアレイン点眼液の副作用発生率は1.76%と報告されている。副作用としては、眼のかゆみ・眼の刺激感・結膜充血・眼瞼炎などがあるが、副作用が全くでない方がほとんどである。

④ コンタクトレンズの上からの点眼は、「ハードコンタクトレンズは大丈夫」「ソフトコンタクトレンズの場合、ヒアレインなら推奨されないがヒアレインミニであれば可能」。


別のネット情報から、ドライアイの有病率と、ドライアイには涙の蒸発亢進型が多いことを知りました。
① ドライアイの有病率は、50歳以上の男性で約4.3%、女性で約7.8%と高い数字を示す。

② ドライアイは、涙の量が少ない涙液減少型と、涙の質に異常があり涙がとても早く乾いてしまう蒸発亢進型の二つに分けることができる。実際の臨床上多いのは蒸発亢進型である。


「ヒアレイン点眼液0.1%」を使い始めてから、約10日しか経過していませんが、起床時の目ヤニの量が大きく減りました。ただし、パソコン作業が長くなると、目ヤニの量は増えるようです。

今後も、今回の医師による治療を続けます。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 医療・病気・治療 | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する