fc2ブログ

ドライアイを治したい 2. マイボーム腺機能不全にオキュソフトを使ってみた

前回、眼科医からドライアイは治せないと言われたことを書きました。
諦めきれない私は、ネット情報を頼りに、自分は「マイボーム腺機能不全」があるに違いないと考えて、自分でその治療をすることにしました。

「マイボーム腺機能不全」とは、まぶたの縁にある皮脂腺(マイボーム腺)が詰まって、油分を分泌しにくくなるため、涙の蒸発を抑えにくくなる症状で、ドライアイの原因となります。さらに結膜や角膜との潤滑油の働きが悪くなるそうです。

「マイボーム腺機能不全」の対策としては、以下のようなネット情報があります。これだけではありませんが…。
綿棒で押してマイボーム腺から油脂を押し出す
② 目を蒸しタオルなどで温めて、皮脂腺から出にくくなった油脂を出す。
③ オキュソフトで皮脂腺をゆっくりと丁寧に拭く。

まず、①をやってみましたが、ブキッチョな私には、目(角膜)を傷つけるようで怖くなり、断念しました。


あずきのチカラ
②には、「あずきのチカラ」を使いましたが、電子レンジにかけるのが面倒になって、数回やってみて、止めました。後日、再開するかもしれません。


オキュソフト
次に③です。まぶたを綺麗にして(リッドハイジーン)から、「オキュソフト」でマイボーム腺を拭いてみました。朝夕2回行うのが原則ですが、毎朝1回のみとしました。なお、人工涙液ソフトサンティアとドライエイドEXは、これまで通りに随時(日に数回)点眼しました。

「オキュソフト」でマイボーム腺を拭き始めてから、朝の洗顔時に確認すると、1週間後から目ヤニが出なくなったり、出ても微量となりました。
改善はしましたが、まだ完治には至りません。これからもトライを続けます。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 医療・病気・治療 | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する