fc2ブログ

信頼性の高い「地質学者による巨大地震予知情報」

1.信頼できない日本の巨大地震予知
日本では数年おきに大きな地震が発生し、甚大な被害が出ています。したがって、多くの国民が巨大地震予知に関心が高いのは当然です。
ところが、古くから巨大地震が間近に迫っていると言われてきた関東や静岡では、一向に巨大地震が発生しません。その一方で、巨大地震の発生が予想されていなかった神戸、新潟、東日本、熊本などで、被害甚大な大地震が発生しました。

以上のことから、日本の主流の地震予知の情報(規模、発生場所、被害が及ぶ地域および発生時期)や根拠には、基本的な欠陥があるように私は思います。

地震の研究者の主流は地球物理学者です。彼らが地震発生メカニズムの根拠としているプレートテクトニクス理論は、私のような素人にも分かりやすいが、今までの経過を見ると、地震予知に関しては信頼性に欠け、実用的な成果が出ていないと思います。

2.巨大地震予知に必要な「信頼性」
信頼性が高い巨大地震の予知情報であれば、明日の発生情報でも、1000年後の発生情報でも、それぞれに使い道があり役立つのです。例えば、発生の3日前であれば、個人でも考えて安全な場所に避難します。発生が10年以後であれば、自治体や国が安全な居住地域を定め、各種の地震・津波対策を実施できます。

困るのは、当たらない占いのような情報であり、世論を惑わし、大多数の人や自治体や国を動かす地震対策には結びつきません。

3.私が注目する地質学者の巨大地震予知情報
私が、信頼性が高い情報と思い、注目しているのは地質学者の地震予知です。なぜなら、過去の事実に学び、予知情報に再現性が高いことを示しているからです。


3.1箕浦幸治 教授
その一人は、東日本大震災が間もなく発生すると警告していた、東北大学の地質学者である箕浦幸治教授です。彼は仙台平野の表層堆積物中の津波が運んだ海砂を調査して、以下の結論を報告しています。

「仙台平野の表層堆積物中に厚さ数㎝の砂層が3層確認され、1番上位は貞観の津波堆積物です。 他のいずれも、同様の起源を有し、津波の堆積物です。放射性炭素を用いて年代を測定したところ、 過去3000年間に3度、津波が溯上したと試算されました。これらのうち先史時代と推定される2つの津波は、 堆積物分布域の広がりから、規模が貞観津波に匹敵すると推察されます。
津波堆積物の周期性と堆積物年代測定結果から、津波による海水の溯上が800年から1100年に1度発生していると 推定されました。貞観津波の襲来から既に1100年余の時が経ており、津波による堆積作用の周期性を考慮するならば、 仙台湾沖で巨大な津波が発生する可能性が懸念されます。」

なお、東北電力女川原発の一号機では、過去の津波の情報から、海面から15mの高さに構造物を設置することに決めて、3.11の巨大津波からの被害をまぬかれ、住民避難の場所にもなりました。


東日本大震災における津波による浸水地域_1MB)
東日本大震災による津波の浸水範囲(東北地方の一部地域のみ)。国土地理院の資料です。

なお、貞観地震津波および関連の研究レビューがありますので、参考にして下さい。東日本大震災の前に、大震災の予知につながる、多くの研究報告があったのです。


3.2角田史雄 名誉教授
もう一人は、構造地質学を専門とする角田史雄埼玉大学名誉教授で、プレートテクトニクス理論に代わるものとして、「熱移送説」を提唱しています。


次の震度7は1000px
「熱移送説」を、著書「次の震度7はどこか!」(角田史雄・藤和彦、PHP研究所、2016年)を基にして、以下に説明します。

地球の中心部の「地核」に発生した熱エネルギーが、高温の熱の通り道(スーパープリューム)を通って気球の表層に運ばれ、表層を移動する先々で火山や地震の活動を起こすというものです。火山では、岩石が溶けてマグマと火山ガスが発生します。地震は、地下の岩相が熱で膨張して割れることにより発生します。


東アジアにおける熱移送ルート_530KB)
スーパープリュームは、地核から南太平洋と東アフリカの2ヶ所に出てきます。南太平洋から出てきた熱エネルギーは、西側に移動して、東アジアで図1のように3つのルートに分かれて北上します。

3つのルートとは、(1)インドネシアのスマトラ島から中国につながるルート(2008年5月に発生した中国の四川大地震に関連します)、(2)インドネシアからフィリピンに向かい、台湾を経由して日本に流れるルート(今回の熊本地震に関連します)、(3)フィリピンからマリアナ諸島へ向かい、伊豆諸島を経由して伊豆方面と東北地方沿岸へ流れるルートです。

火山の噴火と地震はペアーで発生し、発生場所はずっと同じです。熱エネルギーは1年に約100kmの速さで移動します。このため、インドネシアやフィリピンで地震や火山の噴火が起きた場合、その何年後に日本で地震や火山の噴火が起きるかが、ある程度予測できます。


MJルートのVEカルテ_550KB)
「熱エネルギーの北上の速度や、箱根地域に至るまでのVE過程(一連の火山・地震過程)の発生時期・順序地震・起こり方が、伊豆諸島で起こる噴火や地震の癖に基づく予測通りだった」(図9)そうです。

角田先生は、以下のように、西之島の規模の大きな噴火活動をもたらした熱エネルギーの北上により、来年から再来年にかけて、伊豆・相模地域で大規模な直下型地震が発生すると警告しています。
「小笠原諸島の西之島(東京の南約1000kmに位置する)の海底火山が2013年11月に噴火し、2014年10月に伊豆諸島の八丈島(東京の南287kmに位置する)の東方沖で、マグニチュード5.9の地震を発生させた熱エネルギーの流れは、2017年から2018年にかけて、伊豆・相模地域に到達することになると予測しています。」 図9の右端の線に注目して下さい。多量の溶岩の流出により、西之島の面積が10倍以上になったと喜んでいる場合ではないのです。

信頼できる巨大地震の予知には、歴史的事実を解析して、周期性や法則を見出すことが必要なのです。このような研究法は、地質学者が得意です。
地球物理学者の地震研究にも、この手法や地質学者の考えを取り入れていただきたいです。そのためには、東大話法からの脱却が必要かもしれません。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する