fc2ブログ

壺畑と桜島の絶景を楽しめる「黒酢レストラン」

健康食ブームのためなのか、黒酢が有名になり、売上が伸びているようです。


1.黒酢の由来
今や「くろず」は地域ブランドになり、大隅半島に属する霧島市福山町は、その産地のメッカとなりました。他の産地の商品より高価になりました。地域ブランドになると、その地域の同業者がうるおい、「地域おこし」の効果たるや絶大です。

坂元の“くろず「壺畑」情報館”に行き、この地域ブランド化に立役者がいたことを知りました。

その功労者の誕生を手短に書きますと。自分の代で壺酢造りを廃業すると決めた社長は、息子に別の道を歩ませました。その息子である坂元昭夫氏は、大きな病院の近くで薬局を開業します。病院の患者に、父が造った壺酢の飲用を勧めたら、患者から治りにくい病気に壺酢が有効であることを伝えられたことを契機に、壺酢の成分と薬効を調べ、さらに壺酢を「くろず(黒酢)」と命名して差別化し、黒酢ブームの発端をつくりました。説明パネルを写真にして張り付けたら、文字が不鮮明になりましたが、以下に2枚をご参考までに示します。

くろず発祥
黒酢の発祥(くろず「壺畑」情報館のパネル)


屋外に置いた壺が黒酢の「製造工場」です。驚いたのは、“一つの壺”の中で、異なる微生物が作用して、3種類の反応(糖化、アルコール発酵、酢酸発酵)が連続的に起きることです。これは福山の原材料と自然条件の組み合わせでのみ生じ、江戸時代後期から200年間続いている製法です。他場所では壺作りの黒酢はできないそうです。

くろず製法
黒酢の製法(くろず「壺畑」情報館のパネル)


なお、黒酢の効能には、抗酸化力、ダイエット、血圧を下げる、疲労回復、血液サラサラ、美肌と美容、動脈硬化の予防、骨粗鬆症の予防などがあると言われています。



2.黒酢レストランと壺畑
福山には、黒酢メーカーが経営しているレストランが2つあります。いずれも、黒酢関連商品の販売、黒酢造りの情報展示、レストラン営業、黒酢を製造中の壺畑の公開をしています。海岸通り(日向街道、220号線)を車で走ると、両レストランに通じる道の入り口とその手前に、大きな案内看板があります。

① 坂元醸造「くろずレストラン壺畑」
案内表示に従って坂道を登ると、モダンなデザインの入口があります。


「くろず壺畑」の所在地の地図


そこは情報館であり、階段を降りると、天井の高い大きな空間に、黒酢関連商品の販売と、黒酢造りに関する情報が書かれたパネル展示とビデオ放映がなされています。パネルの情報は簡潔で分かりやすく、黒酢に関する知識を得るのに役立ちます。

壺畑の情報館
「くろず壺畑」の情報館


情報館を通り抜けて外に出ると、壺が整然と並べられた壺畑とレストランがあります。天井の高いレストランに入ると東側は大きなガラス張りになっていて、壺畑と背景の鹿児島湾と桜島が眺めが素晴らしいです。レストランの周囲にある歩廊からも壺畑が見学できます。

「くろず壺畑」のレストラン
「くろず壺畑」のレストラン


「くろず壺畑」から桜島の眺め
「くろず壺畑」の壺畑からの桜島の眺め


開店直後のレストランに入り、外の景色を眺めながら、デザートの「くろずドリンクセット」(800円)をいただき、ドライブ疲れをいやしました。

壺畑のデザートとメニュー
くろずドリンクセットとメニュー


② 黒酢本舗「桷志田(かくいだ)」
海岸通りから近い所にあります。


「桷志田」の所在地の地図


入り口を入ると広い売店があり、入り口からすぐ右に行くと壺畑に出ます。壺畑の中にある道を歩いて回ることができます。二階はレストランで、壺畑のほぼ全景が見えます。鹿児島湾(地元の人は錦江湾と言う)と桜島の眺めも良いです。

桷志田ショップ
「桷志田」


「桷志田」のレストランとそこからからの眺め
「桷志田」のレストランとそこからの眺め


「桷志田」から桜島の眺め
「桷志田」の壺畑からの桜島の眺め



2つの黒酢レストランに来て、多くの人が感動するのは、屋外に整然と並べられている無数の壺(壺畑)です。これが黒酢の製造工場です。しかも、背景には鹿児島湾に浮かぶ雄大な桜島があります。この工場は背景ともマッチしています。福山は実に珍しい景勝地でもあります。

知人が鹿児島に来たら、福山の黒酢レストランに連れて行くと、喜んでもらえることうけ合いです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する