fc2ブログ

鍼灸師から学んだ健康法

 腰痛になったので、知人から勧められた鍼灸院で治療しています。物静かな鍼灸師の老先生が、私の健康に役立つ話をしてくれて、反省し勉強にもなりました。学んだことを以下に紹介します。

 

1 自己流の健康法の問題

私の自己流の健康法が腰に悪影響を及ぼしていることを指摘してくれました。腰骨の一部が陥没しているとのことです。思い当たることがありました。確かNHKの番組で知り、坐骨神経痛対策として上向きに寝てソフトボールを臀部に当ててボールを転がすことをしてきました。ネットにも同様な療法のブログがありました。その療法を私も長期間、実施してきました。

ソフトボール体操

 最近、腰痛になってから、臀部だけでなく、背骨に近い腰にも自己流でソフトボールを当てました。そのために小生の腰骨の一部が陥没したと気づきました。自己流の健康法を反省しました。なお、鍼灸師の先生が言うには、椅子型のマッサージ機(マッサージチェア)を長く利用する人に骨の陥没や変形が多いそうです。

 

2 腰痛に温泉は厳禁

腰痛は熱を持った炎症なので、冷やす必要があり、湯船に腰を浸けて温めては行けないことも教えてもらいました。腰痛時には、湯船に入っても立ったままで湯を掛け、体を洗いなさいと言われました。腰痛を治すために、温泉に行くのは最悪だそうです。

風呂と温泉

 

3 簡単なウィルス退治法

一番驚いたことは、この鍼灸師の先生は毎日色々な患者に接するのに、コロナにもインフルエンザにも罹ったことがないと言われたことです。その理由として、喉の奥に付着したばい菌を洗い流すために、頻繁に水分を摂っているからだと言われました。万病を治すと言われている「Bスポット療法」に類似した方法でした。


4 口の機能訓練が必要

これは鍼灸師から学んだことではありませんが、上記③に関連する重要なことと思うので、最後に紹介します。

口の衰えは体の衰えより先に始まるそうです。最近、最終的に肺炎で亡くなる友人・知人が多いので、高齢者は口の機能の訓練が必要であることを、このYoutube「誰でも5分でできる】口の機能を整える"3つの方法" - 75歳からの死亡リスクが大きく変わる!」で学びました。

口機能の訓練
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 医療・病気・治療 | ジャンル: 心と身体

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する