fc2ブログ

大隅の偉人:小野勇市

鹿児島県では薩摩半島の偉人に関する本は無数にありますが、我が郷土の大隅半島では偉人の本は極めて少ないです。例えば、薩摩では西郷隆盛、大久保利光、黒田清輝、小原國芳、海音寺潮五郎など。

これには歴史的背景があって、大隅を長く治めていた肝付氏が薩摩の島津氏に制服されて、大隅の歴史的資料が消え、各種の圧迫があったためと思われます。
しかし、石碑などから大隅にも多くの偉人がいたことは確かです。残念ながら詳しい情報が残っていないので、伝記は書けません。

比較的近い過去の偉人であれば、遺族や近親者の思い出話が聴けるので、伝記が残せることがあります。
今回、黒木次男氏が、明治から昭和初期に活躍した小野勇市氏の功績をまとめた『不屈の挑戦』が出版されました。郷土の偉人を探し求めている小生には、うれしい出版です。
小野勇市氏は18歳の若さで、水のない広大な笠野原台地に水道を引く決意をして、難工事の末に竹管水道を敷設し、更に日本一の耕地整理までしました人です。
本と小野勇市_3連結

笠野原台地は、厚いシラス層からなる約6300haの広大な台地です。藩政時代から生活用水を得るために、台地のあちこちに生活用水用に深井戸が掘られました。文政年間から天保年間(1818年~1843年)の頃です。井戸の深さは30~83mですから、一人で水を汲みあげることはできません。その後のかんがい事業は進みませんでした。
飲水は遠方から馬で運んだり、深井戸から牛馬で縄を引かせて汲み上げていました。風呂は、井戸のある裕福な家の手伝いをしながら、「もらい風呂」をする人が多かったそうです。
牛に引かせた昔の写真_文字入り2 (1)

小野勇市氏は明治16年(1883年)に、高隈村大黒(今の鹿屋市下高隈町大黒)に生まれました。18歳の時から水を集落まで引くという事業をまわりの人に語り、技術的な対策の勉強を続けました。

枦場に移り住み、水の苦労を感じていた同じ考えの岩元甚吉氏と出会い、明治34年(1901年)に大堀方限(町内会)の総会に、竹を用いた水道の案を諮り、48戸の同意を得ました。苦労して人を集めて、明治34年に孟宗竹3,000本をつないで、難工事の末に山下から枦場まで8km水を引きました。竹の節抜きは、松の木に竹を立て、上から鉄棒を落として節を空けたという。竹のつなぎが外れないように、見回りもしたそうです。
まわりから絶対不可能と言われた難事業をやり遂げました。竹管水道は笠野原水道ができる昭和2年(1927年)まで使われました。
不屈の挑戦4_800KB

その後、串良村の中原菊次郎氏や鹿屋町の森宗吉氏などの協力を得て、鹿屋町、串良村、高隈村の3町村で笠之原水道組合と笠之原耕地整理組合を結成し、昭和2年(1927年)に全域に通水しました。
水道敷設事業が終わってから、昭和2年から耕地整理事業が本格的に始まり、昭和9年(1934年)に完成しました。
不屈の挑戦6_文字入

その後、高隈ダムができて、日本初の国営の畑かん事業が順調に進んだのは、耕地整理が既にでき上がっていたからでした。

小野勇市氏は28歳で村会議員に推され連続8回議員を勤め、任期中の昭和14年(1939年)4月28日に57歳で他界しました。

小野勇市氏は子供の頃から地域に一番必要なことと、その対策のストーリーを考え続け、同じ考えを持ち実行力のある協力者を徐々に増やして、地域住民を説得して、まわりから絶対不可能と言われた難事業をやり遂げました。この話は、地域おこしの要諦を教えてくれます。

黒木次男著『不屈の挑戦』は、鹿屋市役所売店で販売(650円)しています。写真が豊富で読みやすい本です。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する