fc2ブログ

私が好むYouTubeチャンネル(1)

永江一石氏によると、ここ数年で、総じてWebサイトでは急激にアクセスが減少しているそうです。ブログやホームページで集客や宣伝などの営業効果を狙っている組織や個人には痛手になっていることでしょう。

その一方で、YouTubeやTikTokなどの動画を視聴する人は増えているようです。
私も最近は、YouTubeを楽しむ時間が多くなりました。

その理由は、専門家が短時間に各テーマや問題を分かりやすく説明し、視聴者に新しい視点や情報のポイントを提供してくれること、また読むより視聴の方が楽であることが挙げられます。
さらに、YouTubeは視聴に快適な条件設定ができるパソコン修理屋の豆知識)ことも利点です。

では、私が好んで視聴しているYouTubeチャンネルを以下に紹介します。今回は、人生論・本・芸術などの「執行早舟チャンネル」と、政治・経済の「高橋洋一チャンネル」です。

1 人生論・本・芸術は「執行草舟チャンネル」
執行草舟チャンネル

実業家、著述家、歌人の執行草舟(しぎょうそうしゅう)は、「葉隠」を人生の指針とし、古今東西の文学、芸術、音楽に通じた知の巨人です。戸嶋靖昌記念館館長、執行草舟コレクション主宰も務めています。
今では珍しくなった、人としての生き方について語る数少ない人です。紹介する本も人として生きる道を教える名著ばかりです。音楽や絵画は古典だけでなく、有望な若手のものもあります。

例えば、以下の3つを視聴すると執行氏の考え方や体験を覗くことができるでしょう。

「運を上げるコツ」

スペインの哲学者の「ウナムーノ」

「蔵書」


2 政治・経済は「高橋洋一チャンネル」
高橋洋一チャンネル

高橋洋一は、数学科出身の大蔵・財務官僚という異色の経歴を有する経済学者で、第1次安倍晋三内閣や菅義偉内閣における経済政策のブレーンを務めました。霞が関の官僚や政治の世界の実情をよく知っているため、新聞情報のウソを暴き、門外漢にもわかりやすい解説をしています。

例えば、現在、国会でもめている「小西文書」の背景や怪しさを分かりやすく解説しています。

「相続税」がある理屈が分かります。

「白川・黒田日銀総裁の評価」は明快です。

次回は、私がよく視聴する時事問題、国際問題、近代史などのYouTubeチャンネルを紹介します。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: オススメ | ジャンル: その他

コメント

Re: No title

拙ブログを見ていただき、有難うございます。
高橋さんの話には、確かに公金チューチューが多いです。綺麗事の話の裏の本音をよく見抜いているためでしょう。特に左巻き(リベラルや野党)や財務省の本音を見抜く才能には驚きです。

  • 2023/06/29 (Thu) 07:13
  • ズッコケオジサン #-
  • URL
No title

はじめまして
高橋洋一さんは公金チューチューにも言及していた気がします
あの界隈で今上がってる話は氷山の一角でしょうね

  • 2023/06/03 (Sat) 21:10
  • akakad #OEZKBdis
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する