fc2ブログ

大隅半島は「建国神話の始まりの聖地」(1)

大隅半島には、古事記と日本書紀に書かれている建国神話の初期の旧跡や神社がたくさんあります。不思議なことに、それらは全国的にはほとんど知られていません。私は大隅への新参者ですが、厚かましくも主な所をご紹介します。

吾平山陵(あいらさんりょう)
正式には、吾平山上陵(あいらのやまのうえのみささぎ)と呼びます。初代天皇である神武天皇のご両親のウガヤフキアエズノミコト(天津日高彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊)とタマヨリビメ(玉依姫)の陵墓です。1874年(明治7年)に明治政府により、可愛山陵、高屋山上陵とともに神代三山陵の一つとされました。


吾平山陵の説明板
写真1 吾平山陵の説明板


現在、宮内庁書陵部が管轄し、桃山陵墓監区 吾平部事務所があります。
昭和10年に昭和天皇、昭和37年に皇太子殿下当時の今上天皇および皇后が参拝されました。


吾平山陵3
写真2 参道の横にある宮内庁書陵部 桃山陵墓監区 吾平部事務所


吾平山陵は「小伊勢」といわれるように、伊勢神宮に似た景色とおごそかな雰囲気があり、参道を歩き参拝すると心が洗われ、神々しい気持ちになります。
正月には多くの初詣客が訪れます。春は桜の名所としても知られており、秋には紅葉も楽しめます。


吾平山陵1
写真3 吾平山陵の入り口付近


参道の回りは、高い広葉杉(こうようざん)の林からなっています。途中に、伊勢神宮内を流れる五十鈴川と同じような趣で姶良川(あいらがわ)が流れており、御手洗場(みたらしば)が設けられています。


吾平山陵2
写真4 広葉杉の中の参道と姶良川の御手洗場


参道の行き着いた所で、姶良川を前にして、向かいにある鵜戸山の岩屋(鵜戸岩屋)に向かって参拝します。岩屋(洞窟)の中には大小の2つの塚(御陵)があるそうです。


吾平山陵4
写真5 御陵がある岩屋


鵜戸神社
ウガヤフキアエズノミコト、タマヨリビメ、ヒコイツセノミコト(彦五瀬命)、イナヒノミコト(稲飯命)、ミケイリノノミコト(三毛入野命)、カムヤマトイワレヒコノミコト(神日本磐余彦尊、神武天皇)の6柱を祀ります。かつては鵜戸六所権現と称されていました。もともとは吾平山陵の奉拝所東側の高所にありました。災害で大破し、明治4年に吾平山陵の北方6キロメートルの八幡神社境内(現在の吾平総合支所の隣)に仮に遷座しましたが、その後に帰社しませんでした(八幡神社は別の場所に遷座)。


鵜戸神社
写真6 鵜戸神社


飴屋敷跡(あめやしきあと)
飴屋敷跡は、吾平町鶴峰地区にあります。
飴屋敷跡に関する伝説を、鹿屋市の市報の情報をもとに書くと次のようになります。海の神様で本当の姿は大きな「わに」であるトヨタマヒメは、夫の山幸彦に、「出産の時は本来の姿に戻らなければなりません。絶対に見ないでください」とお願いしました。しかし山幸彦は、約束を破ってのぞいてしまいます。心外に思ったトヨタマヒメは産んだばかりのウガヤフキアエズノミコト(神武天皇の尊父)を残し、海に帰ってしまいました。乳飲み子を残された山幸彦は悲嘆にくれました。そこに一人の老婆が現れ、母乳の代わりに飴を練り、その飴のおかげで成育できたそうです。この飴屋敷跡はその飴を差し上げた人の住宅跡と伝えられています。
飴の原料であるお米がたくさん採れそうな田んぼ地帯の中にあります。


飴屋敷跡
写真7 飴屋敷跡


桜迫神社と神代聖蹟西洲宮
肝付町宮下(みやげ)の宮富小学校の西隣に、桜迫神社(おうさこじんじゃ)があります。桜迫神社には、ウガヤフキアエズノミコト(神武天皇の尊父)が祀られています。ここはウガヤフキアエズノミコトの宮居である西洲宮(にしのくにのみや)跡で、神武天皇の生育の地と伝えられています。


桜迫神社
写真8 桜迫神社


境内の南西側の雑草が生い茂った空地に、「神代聖蹟西洲宮」の石碑があり、昭和15年に「神代聖蹟」として鹿児島県知事の指定を受けています。


神代聖蹟西洲宮の石碑
写真9 神代聖蹟西洲宮跡


宮下は水上交通の要となっていて、近くの肝属川には、昔、船着場があったそうです。今よりも火山活動による火山砕屑岩の堆積が少なくて、低地が広がっていた地形であったと推測されます。


神武天皇御降誕傳說地
桜迫神社から歩いて5分くらいの場所で、肝付町宮下の肝属川の土手の下に「神武天皇御降誕傳說地」の石碑があります。石造りの低い塀で囲われて綺麗に整備されています。もともとは河川敷にあったが石碑の下部は陥没して埋もれていたそうです。堤防ができた際に、地元の人が私費で現在の位置に移設し、整備しました。


神武天皇ご誕生伝説地
写真10 神武天皇御降誕傳說地


イヤ塚
肝属川の古い渡船場に当たる水上棚は、玉依姫ここを通過のとき俄かに御産気を催させ給うて、御産屋が営まれ神武天皇が御降誕遊ばされた所と伝えられています。
胎児を包んでいた膜や胎盤などを胞衣(えな)といいますが、地元の方言でイヤといいます。イヤ塚は、神武天皇がお産まれになった時の胞衣を埋めた場所です。神武天皇御降誕傳說地の石碑の近くにある民家の、竹の生垣の中にあります。地元のご老人に場所を尋ねたら、案内してくださいました。


イヤ塚
写真11 イヤ塚


なお、この地区名を「イヤ前」といい、この地方最古の墓地と言われている「イヤ前墓地」も近くにあります。

神武天皇御発航伝説地
肝属川が志布志湾に出る河口近くの両側の高みに、向かい合うように「神武天皇御発航伝説地」の石碑があります。一つは、東串良町柏原にある戸柱神社に至る階段を登った右側の境内にあります。神社の祭神はスサノオノミコト(須佐之男命)、ヤチマタヒコ(八衢比古神)、ヤチマヒメ(八衢比売神)の3柱です。


柏原_戸柱神社
写真12 東串良町柏原の戸柱神社


柏原の神武天皇御発航伝説地石碑
写真13 東串良町柏原の神武天皇御発航伝説地石碑


もう一つは、肝付町波見の戸柱神社横の長い階段を登り切った権現山斜面の、大隅花崗岩の上にあります。神社の祭神はサルタヒコ(猿田毘古神)、オオナムチ(大己貴神、大国主)、オオワタツミ(大綿津見神)など8柱です。


波見の戸柱神社と権現山の登り口
写真14 肝付町波見の戸柱神社と権現山の登り口


波見の神武天皇御発航伝説地石碑
写真15  肝付町波見の神武天皇御発航伝説地石碑と、下に見える肝属川の河口付近


なお、神武天皇が日向国を出立なさった当時の日向国は、薩摩国・大隅国・日向国全部を含んでいました(西暦713年に大隅国として分立)。

大川内神社
ヒコホホデミノミコト(彦火火出見尊、山幸彦)、ウガヤフキアエズノミコト、タマヨリビメ、カムヤマトイワレヒコノミコト(神日本磐余彦尊、神武天皇)、アヒラツヒメ(吾平津媛、阿比良昆売命)の5柱を祀っています。吾平山陵から南方約4キロメートルの神野(かみの)地区の大川内にあります。
神武天皇の皇后である「主神アヒラツヒメ(吾平津媛)は、神武東征に御子手研耳命(タギシミミ)を随伴させ、みずからは吾平の地にとどまり、ひたすら夫の君やわが子の御東遷・武運長久を御祈りになったという。」と説明板に書いてあります。


大川内神社
写真16 大川内神社


以上の旧跡と神社を巡ると、建国初期のストーリーが現実味を帯びて想起され、神々の生活の断片が頭の中で再現されてきました。

建国神話の解釈や関連場所の比定については、確かにいくつかの説があります。
これだけの建国神話の旧跡や神社があり、先人達が大切に守ってきたことを考えると、大隅半島は建国神話の始まりの聖地であることを、声を大にして言うべきであると思います。

しかし現在、吾平山陵を除いて、訪れる人はきわめて少なく、大隅半島の人々の関心も薄れているようで、残念に思います。
私の祖父の時代には、小学校の遠足で必ず訪れたという「神武天皇御降誕傳說地」の場所について、ご存知でない大隅の人が余りにも多いことに、私はショックを受けました。次回に、私の願いを書きます。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する