fc2ブログ

初めて知った臭木(くさぎ)の魅力

私の散歩コースの用水路脇に、11月頃に青い真珠のような実、実を包む赤いガク、白い花を付けた木が沢山あり、目を引きました。鑑賞に耐えうる木と思いますが、庭木で見たことがありません。いわゆる「雑木」の一種なのでしょう。実は、私は今年初めて関心を持った木です。
1臭木

青い実と赤い額と白い花が見られる時期には、多くの人に注目していただきたいと思いました。
2臭木の実

3臭木の花

木の名前を調べたら、気の毒にも「臭木(くさぎ)」でした。枝葉に悪臭があるというが、葉を手で触れても弱いゴム臭ていどで、私には気になりません。若葉は食用に、青い実は染料になるそうで、秋から初冬には眺めて楽しめる木です。

母に聴いたら、鹿児島では「臭葉(くさっぱ)」と呼んで、若葉は塩もみしてから野菜のように煮物に入れたりして、食べたそうです。自家製の佃煮を知人からいただくこともあります。

臭木の実は布の染色にも使えると知り、ネット情報を参考にして、テント生地で作った白い手提げ袋を以下の手順で染めてみました。
①真新しい手提げ袋を洗濯機で洗って乾燥する。
②乾燥した手提げ袋を水で倍に薄めた豆乳に30分以上漬ける(蛋白処理、濃染処理と言う。蛋白があると濃く染めやすくなる。ただし、化学繊維は染まらない。)
③豆乳に漬けた手提げ袋をそのまま乾燥機で30秒脱水してから乾燥する。
④臭木の実を入れた鍋に水を入れて(私の場合、実は約70gで水は適当量で不明)、15分間煮る。
4実の染液作成

⑤煮た液を布で濾過する。
⑥実をスプーンなどで押しつぶしてから、適当量の水と15分間煮る。
⑦煮た液を布で濾過する。
⑧濾過した2つの液を合わせて、その中に③の手提げ袋を30分間漬ける。
⑨手提げ袋を色が出なくなるまで水で洗う。
⑩手提げ袋を乾燥する。
手提げ袋が淡い青色に染まりました。青色に染める植物は藍(あい)と臭木だけだそうです。
5臭木実染め_文字入

さらに、臭木の実の赤色のガクでも染めてみました。
6ガクの染液作成

7臭木ガク染め_文字入

手提げ袋が薄いベージュに染まりました。ガクの量を増やさないと、鮮やかなベージュにならないようですが、適量を求める試験はしませんでした。

名前は悪い臭木ですが、以上のように実と花は鑑賞でき、若葉は食料になり、実は青色染料となる、有用で魅力のある植物です。散歩の際には、関心を持って眺めることにします。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 樹木・花木 | ジャンル: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する