fc2ブログ

劣化する日本のオッサン社会

オッサンの不祥事

最近、いい大人で、しかもリーダーの下劣な悪事が目立つ。助成金の不正流用の日本ボクシング連盟会長、日大アメフト部の暴行監督、セクハラ狛江市長、いじめ調査結果隠蔽の教育委員会 …。組織におけるオッサン達が劣化する原因と対策を、山口周著「劣化するオッサン社会の処方箋」という本が解説してくれた。

山口周の本4_800KB

1 日本の組織の劣化は必然
「組織のトップは世代交代を経るごとに必然的に劣化するものである。その原因は、権力欲の強い二流のオッサン上司が、自分の保身のために一流の部下をつぶしたり、追放するからだ。組織を変えてよみがえらせるのは一流しかできないので、組織は次第に劣化する。」

私の会社勤めの時、世界に通用する二人の先輩技術者がいたが、権力欲の強い二流上司に二人ともつぶされた。もったいないことだった。あの二人が残っていれば、不名誉なニュースが多い今の会社の姿は無かったのにと思わずにおられない。一流を見抜いて、育てられる人がトップがいたら、こういうことは無かったであろう。人材の目利きがいなくなったのかもしれない。

2 劣化したオッサンと組織への対策

「劣化したオッサンへの武器は、顧客や株主からのオピニオン(意見)とエグジット(クレーム、取引中止など)で圧力となる。」
この面で日本は遅れている。民間の大手企業ではヘンなオッサン上司に楯突く勇気のある部下が多くなり、さらに内部告発の仕組みができて、告発件数が多くなってきたと思うが、劣化したオッサンの排除は容易ではない。

「もう一つの望みは、日本は明治維新や戦争で、80年周期で新しい組織・構造の作り直し(革命)があって、30代40代の一流の若手がリーダーとして活躍できた。」
次の80年目の革命は6年後の2025年に起きるか? 武力によらない革命に期待しましょう。そして若手リーダーの支援にはオッサン達が太っ腹で!

著者の山口周は組織開発・人材育成の専門家で、著作は現実を踏まえて課題の核心を突いており、啓発されることが多い。
その中の一つ、「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?」で、経営(組織運営)には、アート(組織のビジョンや倫理観・美意識の構築)、サイエンス(体系的な分析)、クラフト(実行)がセットで必要であると言う。しかし、要のアートの重要性を認識できて、それを担当できる一流のリーダー(組織のトップ)が少ないのが問題である。

3 自分を守る対策
「劣化したオッサンと組織に、長い年月にわたってイヤイヤながら従属していたら、自分が”劣化したオッサン”になってしまう。そのような状態を避けるためには、仕事を通して会社以外で通用するスキルと会社外に開かれたネットワークを持ち、”モビリティ”を高めることが重要となる。
そのために、ストレスのかかった状態で、できる限り良質で大変な仕事を、なるべく優秀で見識のある上司とやることである。」

オッサンが輝かない社会は暗くなる。オッサンが学び直して、新しい世界で活躍できる日本になることを目指しましょう。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 考えさせられる本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する