fc2ブログ

我が家のイヌマキが「キオビエダシャク」の被害を受けた

大隅半島の庭木には、関東に多い松とモッコクが少なく、イヌマキとクロガネモチが多いのが特徴です。イヌマキが生垣に使われていることを、関東の植木屋は驚きます。大隅を代表する庭木はイヌマキと言っていいでしょう。土地の人は、イヌマキをヒトツバ(一ツ葉)と呼んでいます。

関東では、イヌマキは玉散らし仕立てにします。イヌマキは風に強いので、台風が多かった大隅では生垣や防風林に好んで使われたのでしょう。


マキの玉散らし仕立てと生垣2_35
                                              他家の見事なイヌマキの生垣と玉散らし仕立て

今年の7月4日の朝、庭に出たら、イヌマキの害虫の「キオビエダジャク」が数匹飛んだり、木にとまっていました。この蛾は、羽に黄色の丸い帯があり、そこに黒い斑点があります。
蛾そのものはイヌマキに害はありませんが、主に樹皮や枝の付け根に1卵ずつ産卵します。孵化直後の幼虫が葉を食害し、イヌマキが枯死します。薬剤等で駆除することが効果的です。
イヌマキ等をよく観察し、幼虫を早期発見・防除を実施することが大事です。

キオビエダシャク合体
                                                           蛾のキオビエダジャク

7月20日に、我が家の生垣のイヌマキに1本枯れ枝が目立つので、枯れ枝を切り落としたら、尺取虫のような「キオビエダシャク」の幼虫が一匹落ちてきました。周りの健全なヒトツバを揺らしても幼虫は落ちてきませんでした。

一ッ葉の枯れ被害600KB
                                                   イヌマキの生垣から 切り落とした枯れ枝

キオビエダシャク300KB
                                       揺らした木から落ちてきたキオビエダシャクの幼虫

7月22日に、「キオビエダシャク」の幼虫(尺取虫)探しと枝が伸びて見苦しきなってきたので、イヌマキの生垣を剪定しました。
一昨日、葉を食い荒らして木を枯らす尺取虫が一匹見つかったので、木を揺らして点検しながら深めに剪定しました。尺取虫は見つからず、一安心しました。

皆さんのお宅に葉のないイヌマキの枝があったら、「キオビエダシャク」の幼虫がいないかを確認してください。薩摩川内市の説明と写真が参考になります。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する