fc2ブログ

無農薬・無肥料栽培を国策にしたい男の話

先日、私が感銘を受けた本「ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?」の著者・高野誠鮮(じょうせん)氏の講演を聴きました。演題は「スーパー公務員と言われた男の失敗履歴」です。なお、彼は現在、総務省地域力創造アドバイザー、僧侶住職です。

高野氏と本


講師は、石川県羽咋市の市役所職員の時に、奇想天外なアイデアを出して、驚くべき行動力で実行した結果、過疎の村に多くの若者を誘致し、農家の高収入化を達成させた人です。例えば、農産物をブランド化するために、ローマ法王に献上したり、ドローンで全国各地の米の品質を空から評価する商売をしたりと。

講演時間は2時間弱と長かったのですが、中身が濃くて迫力満点でした。特に、農村地帯の農家の収入が少なく、その対策に奔走した体験談に、講演者の並外れた才能が示されていました。

農家や肥料、農薬を販売する農協からの攻撃に屈せずに、無農薬・無肥料の米作りに突き進み、その米が高値で売れることを示しました。その結果、農家の収入が増え、反対していた農家と農協も協力者となり、無農薬・無肥料の米を1kg当たり2,000円や3000円で米国に輸出し、農薬・肥料・除草剤の販売を止めた全国で唯一の農協もできたなどは、全く驚きでした。

さらに、無農薬無肥料の穀物・野菜・果実は、収穫後に放置しても腐らずに、ミイラのように干乾びる、食べるとアレルギー体質が治るという情報は目からうろこでした。
  木村氏のりんご


現在、彼は自然栽培の農業を国策にして、農家の収入アップと国民の健康向上を実現するために奔走中と、元気とやる気一杯の人の話に、聴講者は釘付けでした。
何事も本質を追求し、あるべき姿を追い求め、戦略的に実行する僧侶らしい、また元スーパー公務員らしい内容の話でした。

現在、無農薬栽培をする人は多いが、無肥料栽培でミネラルやビタミンが豊富な穀物や野菜ができるのか、私にはわかりません。しかし、食すると、アレルギー体質が治るそうなので、歓迎したい。

以前に、このブログで、アメリカはビタミン・ミネラルの補給奨励により癌患者が減少を続けている一方で、日本の田畑はミネラル不足になり、また癌患者が増加傾向にあることを紹介しました。

無農薬・無肥料栽培を国策にして、農家の所得が上がり、国民が健康になって、癌患者が減少に転じることを期待したいです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 雑記 | ジャンル: その他

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する