fc2ブログ

ブラジル国花「イペー」の根付けに4年

数年前のことですが、関東から大隅半島に来てから、4月に海岸地帯を車で走ると、鮮やかな黄色の花を付けた木をよく見かけました。

はじめて見る木なので、興味が増して調べてみると、ブラジルの国花に指定されている「イペー」という木でした。
近くでこの花を見ると、ノウゼンカズラの仲間だということがわかります。そこで、以前は「コガネノウゼン」と呼ばれていたそうです。以下の写真は、近所の他家のイペーです。

イペー合体1

とても美しい花なので、我が家でも植えようと、高さ1mくらいの苗木を2回買って、水はけと日当たりが良い場所に植えましたが、いずれも根付かずに枯れてしまいました。

昨年、親戚から高さ10cmくらいの小さな苗木を2本もらったので、土質や日当たりの異なる所に、その苗木を植えたところ、1本が3~4ヶ月で高さが1.5mくらいに伸び、今年の4月に花芽を付けました。4年越しの執念が実を結びました。

自宅開花イペー結合

もう1本は70cmくらいに伸びていますが、花芽はありません。

           自宅小イペー結合

我が家では、以上の4つの苗の育成経験から、相応しい生育環境は、水はけが良い土壌ではなく、日当たりが良く、強風の当たりにくい場所という結論になりました。成長の遅い70cmの苗は、強風にさらされやすい場所であったので、1.5mに伸びた苗と同じような環境の場所に移すことにしました。

植物は生育しやすい環境に移すと、見違えるような成長を示す例を我が家では、もう一つ経験しました。
香りの良いジャスミンは、つる性植物で、繁殖力が旺盛です。最近までは高さ2mくらいの榊に絡ませていましたが、榊が弱るので、昨年、大きなマキ(一ツ葉)の太い幹に金網を巻いて、それに這わせました。驚くことに、1年後のこの4月には4mくらいの高さまでつるが伸びて、たくさんの花をつけました。

ジャスミン3結合

人と同じで、植物の育成も適正環境の選定が大事であり、それを見つけるのに日々勉強中です。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 庭木と花 | ジャンル: 趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する