fc2ブログ

消えやすいウェブ情報を保存する「ウェブアーカイブ」

デジタル情報社会となり、情報をウェブから得たり残したりすることが多くなりました。
ところが、ウェブ情報は意外に短期間に消滅するケースが多いのです。例えばホームページの閉鎖は日常茶飯事です。

私の職場では、設立4年目に4つのホームページがありました。特に、無料で自分で開設できるホームページの場合は、ホームページの開設者が退職すると、後任に引き継ぐようにしていないため、そのまま放置されていました。有料で業者に開設してもらい、毎月の管理料を払うと、そのようなことにはなりにくいようです。

ウェブサイト自体が消滅してしまうことがあり、公的機関の発行する重要な資料が、紙媒体からウェブ版へ移行していることもあり、過去のホームページを文化遺産として捉え、収集事業をしているサービスは世界中に存在します。
このようにウェブサイトを収集して保存することを「ウェブアーカイブ(Web Archive)」と言います。

日本では国立国会図書館が、2002年から公的機関によるインターネット資料の制度収集を開始し、2010年4月1日からは名称を「インターネット資料収集保存事業」としています。

国立国会図書館


私が住んでいる町が2006年に市町村合併する前に公開していたホームページも、オリジナルの状態のまま、「インターネット資料収集保存事業」で2004年から2005年に6回保存されていました。しかし、たった25年前の当時のリンク先は、全て閉鎖されていました。これこそがウェブ情報が短期間に消滅しやすい証拠です。

その他に、情報機器の機能不全をきたす電磁波攻撃も心配です。
2017年9月3日(日)午後、朝鮮労働党の機関紙・労働新聞のニュースは「核兵器の威力を攻撃対象によって数十〜数百キロトン級に至るまで任意に調整できる我々の水素爆弾は巨大な殺傷破壊力を発揮するだけでなく、戦略的目的によって高空で爆発させ、広範囲の地域について強力なEMP(電磁パルス=ElectroMagnetic Pulse)攻撃まで加えることのできる多機能化された熱核弾頭を備えている」と報じています。

電機メーカーでは、その対策を提供しているところもあります。

デジタル情報社会での情報は、意外に保存性に脆弱であり、盲点があると心得ておくべきと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する