fc2ブログ

平家の落人伝説地と牛根の安徳天皇伝説

平安時代の末期の元暦2年/寿永4年(1185年)3月24日に、平家が壇ノ浦の戦いで滅びると、平家の落人は全国各地に逃げたようです。
垂水市の牛根出身の永井彦熊氏が「落日後の平家」(昭和47年発行)と題する大著に、南九州に重点を置きながら、全国の平家落人部落や平家古文書の調査結果を報告されました。
①本と壇ノ浦古戦場の合体


1 落人部落の伝説地
それによると、日本全国の平家の落人部落は340ヶ所、そのうちの南九州には150ヶ所の多さです。とりわけ大隅半島には多いです。
②全国と大隅の平家落人部落の合体


幕府を開いた源頼朝による「平家追討命令」は落人を恐怖の底に突き落とし、追手に見つかりにくい山岳地帯(祖谷、白川、五家荘、椎葉など)、離島(対馬、硫黄島、沖縄など)、海岸の断崖(大浦、辺塚、入船城など)に住み着きました。

2 落人部落の生活様式など
平家の落人部落には、追ってから逃れて生き延び、再起を期すために、地域によって差はありますが、以下のような独特の生活様式などがあることが書かれています。
① 他部落の人と交際や結婚をしない。
② 落人部落が見つからないように、鳴き声から場所がわかる鶏を飼わない、下流にものを流さないように川での洗い物に極度に注意させた。
③ 源氏方の白いものを禁忌とした。源氏の標識である白いもの(鶏、馬、花、鷗、餅など)を忌む。
④ 独特の正月の仕切りがある。門松を立てずに椎の木の枝を立てる、餅の代わりに大根の輪切りを供える、正月の三日間火を外に出さず・金物を使わない。
⑤ 「開けずの箱」がある。落人が苦難の記念に残したもので、大したものは入っていないようである。
⑥ 部落に残る宝物がある。陣羽織、打ち掛け、鎧、馬具、印籠、太刀、重箱など。
⑦ 大家族制度を残す。戦後に本制度は破壊された。
⑧ 学問・文化・風流を好み、伝える。
⑨ 神社仏閣を崇拝する。伊勢神社、熊野神社(大隅には13社もある)、天満宮、虚空蔵菩薩、観音、経塚、磨崖仏など。
⑩ 焼き畑で粟、稗、麦、大豆などを栽培し、狩猟もして、自給自足生活をする。
⑪ 田畑や山林を共有する。
⑫ 居住地に昔住んだ京洛の地名やそれをもじった地名を付けた。荒西山(あらしやま)、大原、白川、居世神社(伊勢神社)、桃園、花園、小路、小野、川辺など。
⑬ 七を縁起として使い(七人塚、七枝の杉を神に供えるなど)、草履を宝物にして履かない。
⑭ 河童伝説が残る。長門壇ノ浦で活躍した能登守教経の奥方・海御前にまつわる伝説と伝わる。

上記の⑤「開けずの箱」に関して、大隅半島南部の海岸にある辺塚(佐多町)で興味ある以下の記述がありました。「ここの島子氏の宝物殿に、古代より誰一人として見たこともない開けずの箱がある。開けると目が潰れると言い伝えられ、村人は恐れおののいている。永田元代議士が、県議時代に、この方面に趣味のある人なので、目が潰れてもかまわぬから、是非あけてみせてくれとの懇望に、何百年かの蓋が開けられた。中には、紙質の良い扇と、鎧の草摺(くさずり)と、鎌が一本入っていたと言う。」

3 垂水市牛根の安徳天皇伝説
永井彦熊氏の「落日後の平家」の中で、特に詳しく書かれて印象に残るのが、垂水市牛根地区の安徳天皇にまつわる伝説です。
この本によりますと、母方祖母の二位尼(平時子)と一緒に壇ノ浦の急流に身を投じたとされる安徳天皇は、実際は薩摩硫黄島を経由して、7歳くらいの頃に大隅の牛根に漂着されたと伝わっています。その後、7人の山伏が尋ねてきた時に、追手と思ったお世話をしていた農夫らが安徳天皇を逃したら、麻の刈り株で怪我をされたのが原因で、13歳で亡くなったとされています。しかし、これは安徳天皇を牛根で安穏に暮らしていただくための作り話であろうと著者の永井彦熊氏は書いています。肝付氏の庇護もあったようで、安徳天皇は68歳まで長生きされたと四十九所神社旧記には書かれているそうです。

4 牛根の安徳天皇伝説の文化財
全国には10を超える安徳天皇陵の伝説地がありますが、その中に垂水市の牛根も含まれています。牛根では安徳天皇の墓とは言わず、陵(みささぎ)と言っています。
海岸通り(国道220号)から山側に細い道を300mくらい進むと駐車場があり、その近くの細い舗装道を案内板に従って数分歩くと陵に着きます。地元の自治会の方々が定期的に清掃しているので、道も陵もきれいに整備されています。陵は宮内庁の所有地だそうです。
③安徳天皇陵の4連結


④安徳天皇陵の2連結


海岸通りに面して、安徳天皇を祀る居世(こせ)神社があります。安徳天皇が漂着された海岸の近くにあり、鳥居からは目の前に桜島が眺められます。
⑤居世神社の3連結


居世神社⑤800KB


牛根の安徳天皇伝説と関連の文化財については、ホームページ「松ヶ崎散歩 鹿児島県垂水市松ヶ崎の歴史と文化財」に分かりやすく書かれています。文化財の場所を示す地図も付いています。以下の資料も本ホームページから借用しました(一部加工)。
⑦地図と平家系図の連結


なお、牛根には「道の駅たるみず」があり、雄大な桜島と錦江湾を臨む絶景、日本最大級の長さを誇る足湯、買い物ができる物産館、レストランなどで休憩したり楽しむことができます。
道の駅たるみずの連結
スポンサーサイト



テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

中国の長江文明を受け継いだ南九州

以前に、本ブログで古代史研究家の内倉武久氏の古代史説を「日本古代史の驚きの”事実と新説”」でご紹介しました。

内倉氏によると、『「熊曾於(熊襲)」族は紀元前5~4世紀ごろ?から、南九州一帯を拠点にして九州全域を勢力下に置いていた巨大氏族の総称である。『日本書紀』が説く日本史の上では「どうしょうもない蛮族ども」という位置づけがされてきた。しかし実は全く違う。彼らは「紀氏」と同様、大陸からのボートピープル主体の人たちである。製鉄・製錬技術、武具の製作技術、馬の利用方法、造船技術など当時の最新のテクノロジーを身に着けて渡来してきていた人々なのである。渡来の時期は、弥生時代前期から中期にかけてと思われる。(略)

 彼らの名前を今に伝える地名に「鹿児島県曽於市」があり、東側の宮崎県串間市からは日中を通じて最大級、最高級の権威の象徴である「玉璧(ぎょくへき)」(直径33.2センチ)が出土している。同じ形式の玉璧は広東省の南越王墓など中国大陸海岸部から多数出土している。現在、中国山東省南部や江蘇省北部,などからから熊曾於族の墳墓である地下式横穴墓や地下式板積み墓と全く同じものが多数発掘されている。』
地下式横穴墓の分布と図

最近、大陸からのボートピープルに関する情報を得るために、安田喜憲著『龍の文明 太陽の文明』(PHP新書)を読みました。この本によりますと、古代中国の南北文明の興亡で、以下に引用するように(一部に追加・削除した)、北方の漢民族の「龍の文明」は南方の「太陽の文明(長江文明)」を滅ぼします。

『北方の漢民族の「龍の文明」は、畑作・牧畜地帯で、龍を信仰する龍族が存在していた。一方、南方の「太陽の文明(長江文明)」は、稲作・漁撈地帯で、太陽や鳥、それに蛇を信仰する太陽族・鳥族・蛇族が存在していた。その南北構造のルーツは7千年前までさかのぼることができる。

4千年前ころ、長江文明が気候の乾燥化と北方の畑作・牧畜民の侵略によって衰退すると、北方の龍族が南方の太陽族・鳥族・蛇族を駆逐しはじめた。とりわけ3千年前以降の気候の寒冷化は、北方からの龍族の南下に拍車をかけた。

かくして太陽族・鳥族・蛇族の苗族たちは敗れ、雲南省や貴州省の山岳地帯へとおちのびていく。その一派が海上難民として日本列島にも到達し、日本民族へ受け継がれ生き残る。南九州に流れ着いて、稲作文明をもたらし、太陽、鳥、蛇を神とし崇拝する世界観を持ち、日本神話にもその影響を及ぼした。』
以下の
長江文明衰亡に関する図は、インターネットの公開情報から借用しました。
長江文明衰亡
『龍の文明 太陽の文明』には、両文明のシンボル模様に関する記述や写真が多いです。
南方の「太陽の文明(長江文明)」の典型的なシンボル模様は、稲作に必要な「太陽」と稲作・漁撈民が定住した湖沼地帯にいる「鳥」で、鳥が中国神話の伝説の鳥であるシンボル模様之「鳳凰」を誕生させたとしています。
その他のシンボル模様として、蛇、二匹の蛇がとぐろを巻いたダブルスパイラル(永劫の再生と循環をくり返すシンボル)、逆S字、牛、犬などがあります。

シンボル3連結_文字入

両文明の吉数にも違いがあり、「龍の文明」は九であり、「太陽の文明」は八か六です。日本人が好む末広がりの「八」の世界観の源流も「太陽の文明」にあった可能性があります。

さてここで、私が住む大隅半島の史跡や伝説を見聞きすると、「太陽の文明(長江文明)」のシンボルである太陽、鳥(鳳凰)、蛇、渦巻き、牛、犬が出てきます。その事例を以下にいくつか紹介します。
1 内之浦市の高屋神社の牛の木像
  高屋神社の拝殿の中を覗くと、牛の木像が置いてありました。
高屋神社と牛像

2 内之浦市の高屋神社、曽於市の熊野神社の渦巻文の彫り物
高屋神社の本殿の屋根の下の彫り物や、熊野神社の拝殿の向拝柱の上の彫り物に、渦巻きや蛇のような模様があります。高屋神社は景行天皇が熊襲征伐の際に創建されたと言われていますが、内倉武久氏は九州政権の天皇であった景行天皇が熊襲征伐するのは怪しいと言われています。上記の模様や牛の木像が内倉氏の主張を裏付けていると思います。
渦巻文の連結2_文字入

3 鹿屋市吾平町の中尾遺跡から出土した象嵌装太刀の心葉文(鳳凰)
中尾地下式横穴墓群(6世紀末頃)の6号墓より出土した大刀に銀による象嵌(地板に線を嵌め込む)でハート形文様(心葉形文)がCTスキャンによって鮮明に確認できました。心葉文は中国の空想上の鳥(鳳凰)を示しています。
象嵌装太刀と心葉紋_文字入

4 肝付町津曲のウガヤフキアエズノミコトの生誕伝説地に伝わる大蛇の出産伝説
生誕地に隣接する家主の森園純治氏から聴いた伝説です。「ここはトヨタマヒメが柏原で安産祈願のシオガキをして帰る時に急に産気づいたため、地元の人達が孟宗竹で産屋を造って差し上げて、ウガヤフキアエズノミコト(神武天皇の御尊父)を出産した場所と伝えられている。出産時はウガヤフキアエズノミコトが大蛇であったので、皆が恐れおののいてひれ伏したと言われている。昔は12月28日に地元の人が一握りのワラを持ち寄って長さ11ヒロ(16.5m)と33ヒロ(49.5m)のしめ縄を作り、蛇の姿にして飾る祭りがあった。」

『龍の文明 太陽の文明』の著者は「環境考古学」という学問分野を確立した理系の学者です。この本には、大阪府高槻市の今城塚古墳の石棺に、熊本県の宇土地方産のピンクの凝灰岩が使用されていることも書いてあるので、その事実を隠したがっている大学の考古学者ではないことも分かりました。

この本の内容は内倉武久氏の古代史説とも符合し、大和政権が捏造して蔑まれてきた「南九州の古代史」がこれから大きく塗り替わるような期待を持ちました。