fc2ブログ

「4つの最強ストレッチ」で腰痛と脚痛が解消!

Ⅰ  最初の腰痛体験
 私は28歳の時に、北九州にあった工場で重量物を運搬する作業を何日か続けていたら、ギックリ腰になり、その痛みに苦しみながら、2つの病院の整形外科で診てもらったが、治りませんでした。
 職場でその悩みを話したら、古参の先輩が、評判の鍼灸師を教えてくれました。そこに行ってみたら、盲目の鍼灸師が、小生の背骨を手で首から下に撫でて、腰のところで「原因はココだ!」と言ってから、鍼治療を始めました。1回目の治療を受けてから腰の痛みが弱まり、3回目で完治しました。その劇的な効果に驚き、その鍼灸師が神様のように思えました。

Ⅱ  その後の腰痛体験と対策

 その後、転勤により他県に転居してからは、腰痛が出ると、近くの整骨院に行き、電気治療、整体、鍼、マッサージなどにより、治してもらってきました。

 軽い腰痛の時は、自分で治すことが多いです。いずれも本で知ったり整骨院で体験し、効果があると実感した方法です。以前によく実施していたのは、畳に腹ばいになって、膝を立てたまま、足が床に着くように、左右に腰を往復100回振る運動でした。

 今年の6月から腰と左脚が痛みだしたので、以前に整骨院でしてもらっていた「腰をねじる」と「タオルで脚上げ」のストレッチを始めました。両ストレッチの方法は、以下の「4つの最強ストレッチ」で説明します。なお、「タオルで脚上げ」は、脚が痛んだ時に整骨師から腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛と診断されて、施術されたストレッチと同じでした。

Ⅲ  最新の「4つの最強ストレッチ」に救われた!

 その後、NHKテレビの「ガッテン」の「解禁!腰痛患者の8割が改善する最新メソッド」(最初の放映は2016年11月2日)の資料を見たら、上記の整骨院から学んだ2つのストレッチを含めた以下の「4つの最強ストレッチ」が紹介されていました。

         腰痛改善4つの最強ストレッチ

1. 腰をねじる
 写真のように腰をねじる。片方の手で片膝を押さえ、もう片方の手は頭の上方に置く。 肩やひざが床につかなくても力を入れず、無理のない範囲で。
この状態で全身の力を抜き、6回深呼吸。これを左右1回ずつ×3セットが目安です。【目標:肩とひざが床から離れないようになること。】
2. ひじ立て+ひざ曲げ
 うつ伏せから、ひじを立て、続いてひざを曲げる。この状態で痛みが出る人は、まずは、 ひじ立てのみでも構いません。無理のない範囲で。
この状態で全身の力を抜き、6回深呼吸。終わったらうつ伏せに戻る。3セットが目安です。 【目標:痛みや硬さを感じなくなること。】
3. ひざ抱え
まず、この写真のように、背中を起こさず、片手で片ひざずつ抱えるようにしてください。 そうして両手の指を組んで、両ひざを抱えます。
その状態で両手以外の全身の力を抜き、6回深呼吸。終わったらひざを立てたままあお向けに 戻る。3セットが目安です。【目標:太ももが胸につくこと。】
4. タオルで脚上げ
 ひざを立てひざ小僧にタオルをかける。続いて、タオルを片足のつま先に引っかける。
 ひざを伸ばしたまま、手の力でゆっくりと脚を持ち上げる。ひざを伸ばすのが難しい人は 大きめのバスタオルを使用してください。また、反対側の脚のひざを立てて行っても 構いません。
 この状態で全身の力を抜き、6回深呼吸。終わったら足を下ろす。 これを左右1回ずつ×3セットが目安です。【目標:下ろしている脚のひざを伸ばした状態で、上げている足裏が天井を向くようになること。】

 私は、自分の腰と左脚の痛みを解消するために、早速、この「4つの最強ストレッチ」を始めました。1ヶ月半、このストレッチを継続したら、腰と左脚の痛みが完全に消えました。その後も継続実施しています。

スポンサーサイト