fc2ブログ

黒羽子の「隠れ念仏洞穴」を再訪して知ったこと

 先日、知人に誘われて5名で吾平町黒羽子地区の橋ヶ谷にある「隠れ念仏洞穴」に行きました。
 実は、2年前に身内の者に一人で行くには危ない所だと驚かせられながら、どうしても現場を見てみたくて、恐る恐る急いで一人で行きました。その時に「吾平町黒羽子の「隠れ念仏洞穴」へ行く」と題して
ブログを書きました。

 今回は人数も多く、地元の人が案内してくれたので、気持ちにも余裕ができたためか、以下のような5つの初めて知ったり、気付いたことがあり、有難い体験となりました。

1 地元の人達が年に4回山道を整備している。
 山道には倒木、枝、大きな石がなく、歩きやすい。黒羽子地区の方々の奉仕活動に感謝ます。

隠れ念仏2_800KB

2 亀裂の多い岩からなる崖下に洞穴がある。
 崖の岩には亀裂が多いので、雨水が柔らかい岩を洗い流して洞穴ができた可能性が高いと思いました。鹿児島市花尾町にある花尾隠れ念仏洞穴(大きな亀裂のある崖の下にある)の成因と同じかもしれないです。

隠れ念仏5_800KB

3 洞穴の入口近くに腰掛けのような丸太がある。

 説明板には「火皿を置く台であったかもしれない丸太」と書かれていました。案内の人に言われて、初めてその丸太の存在に気付きました。
洞穴内の丸太_800KB

4 洞穴内部の岩や地面は濡れている所が多い。
 泥でぬかるんでいる所もあるので、長靴を履いていると安心です。地表から岩の亀裂を通して雨水が浸み込んでくるためでしょう。
隠れ念仏8

5 洞穴の回りの岩は柔らかい凝灰岩か角礫凝灰岩である。
 火山灰が固まった凝灰岩は比較的柔らかく、特に濡れている凝灰岩は手で削れるほど柔らかいです。天井部分には、人が丸く人が掘ったような浅い穴があります(下記写真)。壁にリックサックや衣服が触れると柔らかい岩の汚れが付きます。

隠れ念仏9_800KB

 薩摩藩では廃仏毀釈の約270年前の1597年から、一向宗(浄土真宗)を、約300年間も禁制にしていました。摘発された信者には、財産没収、士籍剥奪、流刑、拷問・酷刑、斬罪、切腹などの刑罰が与えられました。なぜ、この恐怖政治を恐れず、長く信仰を続けたのか、今後その背景や理由を知りたいと思いました。

 最近、知人からの情報で、一向宗(浄土真宗)には他の宗派と違って戒律がないため、罪人や遊女、肉(魚)、狩猟、漁、殺生に関わる人も救済の対象にできたことを知りました。
 当時、世間で虐げられ、賤しめられた人々にとって、唯一すがることができたのが一向宗であったことと、「隠れ念仏」が関係していたのかもしれません。
スポンサーサイト



テーマ: 体験談 | ジャンル: その他

消えやすいウェブ情報を保存する「ウェブアーカイブ」

デジタル情報社会となり、情報をウェブから得たり残したりすることが多くなりました。
ところが、ウェブ情報は意外に短期間に消滅するケースが多いのです。例えばホームページの閉鎖は日常茶飯事です。

私の職場では、設立4年目に4つのホームページがありました。特に、無料で自分で開設できるホームページの場合は、ホームページの開設者が退職すると、後任に引き継ぐようにしていないため、そのまま放置されていました。有料で業者に開設してもらい、毎月の管理料を払うと、そのようなことにはなりにくいようです。

ウェブサイト自体が消滅してしまうことがあり、公的機関の発行する重要な資料が、紙媒体からウェブ版へ移行していることもあり、過去のホームページを文化遺産として捉え、収集事業をしているサービスは世界中に存在します。
このようにウェブサイトを収集して保存することを「ウェブアーカイブ(Web Archive)」と言います。

日本では国立国会図書館が、2002年から公的機関によるインターネット資料の制度収集を開始し、2010年4月1日からは名称を「インターネット資料収集保存事業」としています。

国立国会図書館


私が住んでいる町が2006年に市町村合併する前に公開していたホームページも、オリジナルの状態のまま、「インターネット資料収集保存事業」で2004年から2005年に6回保存されていました。しかし、たった25年前の当時のリンク先は、全て閉鎖されていました。これこそがウェブ情報が短期間に消滅しやすい証拠です。

その他に、情報機器の機能不全をきたす電磁波攻撃も心配です。
2017年9月3日(日)午後、朝鮮労働党の機関紙・労働新聞のニュースは「核兵器の威力を攻撃対象によって数十〜数百キロトン級に至るまで任意に調整できる我々の水素爆弾は巨大な殺傷破壊力を発揮するだけでなく、戦略的目的によって高空で爆発させ、広範囲の地域について強力なEMP(電磁パルス=ElectroMagnetic Pulse)攻撃まで加えることのできる多機能化された熱核弾頭を備えている」と報じています。

電機メーカーでは、その対策を提供しているところもあります。

デジタル情報社会での情報は、意外に保存性に脆弱であり、盲点があると心得ておくべきと思います。

間欠的ファスティングで肥満原因のインスリンを制御する

最近、知人から「海外に、肥満の原因は”総カロリーではなくインスリンだ”と言う医者がいる」こと、しかも糖質制限だけでインスリンを制御できないということを教えてもらいました。

鈴木功著「ボーンブロスでやせる 間ファスダイエット」という本(以下の写真の左側)に、そのメカニズムと対策が書かれています。以下、この本からの引用です。
ボーンブロス本の結合

インスリンは血糖を下げるだけでなく、脂肪を蓄えさせるホルモンで、肥満ホルモンとも呼ばれます。
一方、コルチゾールはストレスホルモンと呼ばれ、ストレス状態が続くと分泌され、血糖を上げます。それがインスリンの分泌を引き起こし、脂肪を増やします。

さらに、それとは別のインスリンを分泌させる仕組みがあるそうです。それはインクレチンという消化官から分泌されるホルモンで、食べ物(蛋白質も)が消化管に入ってきた刺激で、分泌されます。
このインクレチンが膵臓に働き、インスリン分泌を刺激することが分かっています。しかも、血糖値の上昇による刺激よりもインスリン分泌の大きな要因になっているそうです。

純粋な脂肪以外何でも食べれば、程度の大小はあるにせよインスリンが出るとなれば、糖質制限だけでインスリンを制御することが難しいという、私には驚きの情報でした。

何を食べてもインスリンが分泌されるのであれば、インスリンが追加分泌されない時間を作るしかありません。それが「間欠的ファスティング」です。
「間欠的ファスティング」とは、食事の間隔を意識的に十分に長くあける時を週に1~2回つくることです。これによりインスリンのレベルを下げ、「インスリン抵抗性」を治療するための方法論です。
要するに、インスリンを分泌させる食事の回数を少し減らすという方法で、断食も同じです。ただし、栄養不足にならないように、「ボーンブロス」(骨のだし汁)を摂るのです。

インスリン抵抗性」とは持続的なインスリン刺激によってインスリンが効きにくくなり、さらに高いインスリン分泌が必要になる悪循環が起きている状態です。これがリバウンドに繋がる過食の要因でもあるので、これを治すためには「間欠的ファスティング」が有効です。

週に1~2回実行する「間欠的ファスティング」のやり方は、以下。
1 朝食を抜くか、夕食を早めに食べて翌日の朝食を遅らせる(16時間ファスティング)
2 慣れてきたら24時間(1日1食)、36時間と食べない時間を延ばす
3 間欠的ファスティング中は、「ボーンブロス」に食事をおきかえる


「ボーンブロス」は栄養豊富で、インスリン分泌刺激が少ないので、より楽に安全に間欠的ファスティングを行うことができます。

「ボーンブロス」については、上の写真に示した2つの本を参考にしてください。


テーマ: 健康 | ジャンル: 心と身体