fc2ブログ

マッサージが腕の痛みに効いた!

年末が近づいてきました。今年を振り返ると、有難いことに、家族の健康に関して、信じられないような改善効果があったものが二つありました。

一つは、母の長年の高血圧が総合ビタミン・ミネラル剤で治り、降圧剤が不要になったことでした。これは本ブログに「総合ビタミン・ミネラル剤で血圧が下がった体験談」に書きましたが、こんなこともあるもんだと、まったく驚きました。

もう一つは、私の体験談です。春になって、久し振りにビーバーで自宅の裏の斜面の草刈りをした翌日に、右の肩甲骨と右腕が痛みだしました

あまりにも痛いので、職場を早退して近所の整骨院に行ったら、肘の下の骨がズレていると言われて指圧と電気治療を受けました。3回くらい通院しても改善しないまま、親戚の結婚式に出るため上京しました。
上京中も、右腕が痛むので、身内の医者から痛み止め(ロキソブロフェン錠60mg)をもらって約8時間おきに飲み続けました。

帰宅して、春陽会中央病院の整形外科の診察を受け、強い神経痛の薬(リリカカプセル5mg)を出してもらいました。医師から、この薬で治らなければ、首の検査をすると言われました。
もらった神経痛の薬を就寝前に1錠服用したら、翌朝から二日酔い状態になり、仕事ができなくなったので、この薬の服用を止めました。

次に、首のMRI撮影をしましたが、医師から骨に異常がないので、腕の痛みの原因が分からないと言われ、医師も困惑した様子でした。結局、リハビリを受けることになりました。

                         マッサージ写真合体


その日に、リハビリ室に行き、マッサージを受けました。
その日の夕方から、17日間続いた肩甲骨と右腕の痛みがほぼ消えました。二日後に、再度20分間のマッサージを受けたら完全に痛みが消えました。

マッサージの先生は言葉少なでした。この先生のマッサージが独特なのです。左腕、右腕、右手、左手、両肩、首の順に「もむ・圧迫する」というより、軽く「撫でる」ような感じがして、最初は「これでは駄目だ」と思いました。このような軽いマッサージを受けたのは初めてでした。
ところが、驚きの即効があったのです! なんでこんなに効くのか不思議でなりません。先生に尋ねても、「こんなこともあります」と言うばかりです。

なお、その後に、同じ先生に首と肩のマッサージをしていただいたときは、強めのマッサージもありました。症状や部位により、押し方や揉み方が変わるのでしょう。
スポンサーサイト



テーマ: 体験談 | ジャンル: その他

竹細工名人に学ぶ

吾平小学校の正門の近くにある「諏訪竹細工店」の店主・諏訪辰士さんは、竹細工作りを62年間続けています。
諏訪竹細工店12_800KB

昔、鹿屋市の「連合竹細組合」にいた16人の組合員が、今では諏訪さん一人になったそうです。16人全員が、竹の産地で有名な薩摩半島の川辺出身者です。

諏訪さんの商品は、手作りの高品質が強味で、竹の外側の固い皮だけを使うので、長年使っても虫に食われて劣化することがないそうです。
安い海外品には竹の内側の白い所を使っているものがあるため、虫に食われて穴が開いたり、劣化して崩れたりしやすいそうです。
諏訪竹細工店6_800KB

1つの竹包丁で、竹を裂き、皮を剥ぐのですが、その幅や厚みを手の感覚で自在にできるのには驚きました。ここに至るには、長年の経験だけではなく、やる気と根性が必要な気がします。現に、技術を習いに来ても、長続きした人はいなかったそうです。
諏訪竹細工店3_800KB

この丸ザルの売値は50年前は500円で、米一升の価格と同じでしたが、今は1,800円です。手工芸品で、しかも職人も少なくなったので価格が上がるのは当然のことでしょう。
諏訪竹細工店8_800KB

味噌や茶の製造に使う巨大なザルも見せてもらいました。この大きなザルは二日間で作るそうです。
諏訪竹細工店4_800KB

自分が作った商品に責任と自信を持つ本物の職人に会えて、貴重なお話を聴くことができました。このような諏訪さんこそ、手抜きをせず、忍耐強く腕に磨きをかけてきた職人の名人です。

最近は大企業でデーター改竄問題が頻発していますが、そのような会社の社員は自社の製品に責任と自信を持って販売できるでしょうか? 経営陣と社員に自覚を促すために、諏訪さんの爪の垢を煎じて飲ませたいです。

竹細工の分野は、簡単に後継者を育てることもできず、実技指導以外で貴重な技術を後世に伝える方法もないので、このような名人がいることを書き残すことにも意味があるのでしょう。

テーマ: 体験談 | ジャンル: その他