fc2ブログ

仕事の仕方の基本的心得を学べる本

Kindle.jpg


本の置き場に困るようになったため、Kindleで本を読むことが多くなりました。さらに最近、Amazonプライム会員(年会費3,900円)になったら、好きな音楽を聴き放題で、毎月1冊無料で好きな電子書籍を読むことができたり、対象の本を10冊まで追加料金なしで読み放題になるので、Kindleの利用率がグンと上がりました。なお、プライム会員になると、Kindleが4,000円引きで買えます(私は買ってから知って残念だった)。


最近Kindleで読んだ本で、印象に残った本を紹介します。その一つが、
山口 周著”外資系コンサルの知的生産術~プロだけが知る「99の心得」” (光文社新書) Kindle 版です。

いわゆるビジネス本ですが、よくあるノウハウ技術集ではなく、人間心理を押さえて仕事の仕方の基本的心得を分かりやすく説いています。良質で効率の良い成果の出し方に関心がある人に役立つと思います。この本から、私がなるほどと”うなった”6つの文を以下に引用します。

1.説得より納得で、しかしベストは共感!

行動を変えるにはコミットメントが必要ですが、コミットメントを得るには「説得」ではなく、「納得」が必要になります。さらにそれが「共感」にまでなれば、コミットメントは内発的なエネルギーにもとづくものになり、外側から薪をくべ続けなくても心の炎は燃焼し続けることになります。これは本質的には 意思決定のクオリティに関わる問題といえます。

人は、いくら合理的な理屈で説得されても、本当に共感しなければエネルギーを全開にできませ ん。これは意識的なコミットメントレベルというよりも生理的な反応の問題であって、要するに人間 という生物はそういうふうにできているということです。人のエネルギーを高レベルに引き出して方向付けるというのはリーダーの核となる役割ですが、そのためにも「説得ではなく納得を、納得ではなく共感を」目指すことが求められます。

何度も繰り返していますが、知的生産の最終的な目的は、行動を起こさせ、よりよい社会や世界の建設に人々を駆動させることにあります。したがって、知的生産に従事する立場にある人間は、すべからく「説得より納得を、納得よりも共感を」追い求めていく態度を失わないようにしてほしいと思います。


2.指示は問いで出せ!

質問には回答せず、逆に質問で返すことでより良質なインプットが得られることがあります。質問をもらった場合、それが本当に「わからない言葉の意味を確認する」といった純粋な質問でない限り、ほぼ間違いなくそれは質問という名 を借りた反論なのだと考えて、その反論をくみとれるような質問を逆にこちら 側から返すように心がけてください。

情報収集に当たってのポイントはズバリ「指示は、『行動』で出すのではなく、『問い』で出す」ということです。
「問い」で指示を出された方が、はるかに何をやればいいのかが明確にイメージ できるのです。

「○○に関連する資料を、金曜日までになるべく沢山集めておいて」などという指示を出してはいけません。そうではなく「○○に関して、この四つの問いについて答えが出せるような資料を集めておいて」と指示しなくてはならないのです。


以上の引用文を読んだだけで、私は現役の時に心得としておきたかったことが書いてあると思いました。単なるノウハウ技術の伝授本ではありません。ご興味があればご覧ください。


スポンサーサイト



テーマ: 最近読んだ本 | ジャンル: 本・雑誌

ダイエットは食べ方の反省から

ダイエットは、女性だけではなく、男性にも関心事であり、かくいう私もそうであります。昨年の健康診断では、医師から数kg体重を落とせと言われました。

肉体労働をしていた頃の体重は65kgでしたが、肩や腰の骨を痛めてデスクワークに変えたら、半年で5kgくらい体重が増えました。

さて、どうしたものかと思案中です。

昔、入院中に、一口50回噛んで食べることを続けたら、体重が1か月で数kg減ったことがあります。ダイエットの効果は確認できましたが、入院中でもない現在、実施したらストレスがたまりそうで、継続実施する自信がありません。

最近、松尾 伊津香著「一生太らない魔法の食欲鎮静術」を読んだら、この方法ならば継続できるかもしれな

いと思いました。



                       一生太らない魔法の食欲鎮静術



この「魔法の食欲鎮静術」とは、「一口奥で食べたらその後舌先にあてる」たったコレだけで食べ物の味を味わい、結果よく噛み、食欲も鎮静されるというものです。

人の舌先3分の2には、味覚に特化した神経があるため、
 (1) 食べ物を口に入れて奥歯で嚙んだら、
 (2) すぐに舌先の方に持っていく、
 (3) そして、舌で味を感じながら食べ続ける。
 これが「食事瞑想」なんだと、著者は言っています。

そうすることにより、舌先にものをあてて食べると、唾液と食べ物が混ざるため、味の濃さや旨味をより強く感じるなど、食事の度に新しい発見ができるようになるそうです。

お腹がいっぱいになったという「満腹感」から、お腹 がいっぱいではないけれども、精神的に満たされて「 もういいや」と思える「満足感」になる、すなわち「味で満足する」食べ方に変える必要があるとのことです。

さらに、著者は以下のように続けます。
「お腹いっぱいなのに何かほしくなる」 「ダイエット中なのに甘いものが頭から離れない」 こんなふうに食欲に振り回されてしまうのは、そもそも「本当 の味わい方」を知らないから。「舌先で味わう」という感覚を知らないからです。
本当に必要なのは、自分自身で食欲と向き合い、コントロールする力を養って いくことだからです。

私の痛いところを突かれたと、反省させられました。私には、食物を味わって食べると言う食べ方ができておらず、満腹を求めていたと、納得しました。


「味で満足する」食べ方に関しては、以前に類似した文章を目にしたことがあります。それは、「
ハイデガーに学ぶ 「科学的に正しい」フグの食べ方 」という記事です。フグ刺しのうま味が分からなかった私のような人には、きっと参考になります。

それによると、「舌には「味蕾(みらい)」というものがあって、異なる場所で異なる味覚を感知する。うまみを感知するのはもっとも奥の部分。トラフグのうまみをフルに感じるには、いかにこの部分を活用するかがカギを握る。」


舌の味蕾



なお、先の「一生太らない魔法の食欲鎮静術」によると、最近の説では舌先で全ての味覚を感知できるそうです。

科学的にフグを楽しむためのポイントは、以下のようにすることだそうです。
 (1)口先ではかまずに奥歯に持ってくる
 (2)うまみを感じる味蕾の場所を意識し、奥歯でゆっくりかむ
 (3)片方の奥歯から反対の奥歯に向かい、舌の上で転がすように移動させる
 (4)長くかんで、塩味を感じなくなりそうなところで飲み込む
 (5)すぐに他の食材や飲み物を口に入れず、余韻を楽しむ

上記の記事を読んで、私はフグ刺しを食べる際に、咀嚼時間が短すぎ、さらに舌で味を感じる余裕がなかったと反省させられました。上記のポイントを真似てみたら、私もフグ刺しのうま味が分かったような気になりました。

さらに『訓練を経て初めて楽しめるようになるのは古典文学を原典で読むとか能楽を演じるといった高尚な趣味やスポーツばかりではない。「食のような身体に根ざした楽しみも同じく訓練を必要とするのである」(國分功一郎著『暇と退屈の倫理学』)』と書いてあり、今回、この訓練はフブに限らず、食物全般に通じることだと思った次第です。

私がこの食べ方の訓練を続けると言い切る自信はありませんが、これから訓練を始めます。





腕降り運動のその後と、かかと落とし運動の併用

腕振り運動」の、その後の情報です。

 

90歳の母が約1年半、毎日2回、10分間の腕振り運動を続けてきた結果、寝てからトイレに行くために起きることが無くなったと喜んでいます。これは前回報告しましたが、その後も変わりません。

 

息子の小生は、同じ期間と頻度で、15分間実施していますが、寝る前に水分を取りすぎなければ、寝てからトイレに行くことはありません。熟睡できます。

 

さらに、母は一日一回は腕振り運動をしながら「かかと落とし体操」を10か月したら、健康診断で骨密度が上がったと喜んでいます。

 

 骨ホルモン合体

「かかと落とし運動」とは、姿勢をよくして、ゆっくり大きく上に伸び上がり、ストンと一気にかかとを落とす運動です。

 

それにより骨ホルモン「オステオカルシン」が出て、脳や内臓を活性化したり、血糖値を下げる効果があるそうです。一方、骨ホルモンが少ないと、糖尿病や動脈硬化を引き起こす可能性があるそうです。

 

「かかと落とし運動」は、一日に合計30回以上を目指すと良いそうです。腕振り運動と一緒にできます。

 

骨ホルモンとかかと落とし運については、平田雅人 (著) “骨ホルモンで健康寿命を延ばす! 1日1分「かかと落とし」健康法 という本があります。