fc2ブログ

私の胃の内視鏡検査結果

胃は、昨年、久しぶりに受けた集団検診の上部消化管X線造影(バリウム)検査で、精密検査が必要となり、内視鏡検査を受けて、問題なく、一件落着しました。鹿児島に移住してから初めての検査でした。

その時に検査した医師から、私の胃は入り口の締りが悪いため、発泡剤で膨らみにくく、胃の上部のしわが影となって造影されるので、癌と間違えられやすいと言われました。そのため、集団検診での検診機関が変わるたびに、再検査の通知をもらい、精密検査を受けることになりました。

胃の内視鏡検査を3年ごとに受けているので、胃のX線造影検査は受ける必要はないのですが、昨年の集団検診では流れに乗って受けてしまいました。


胃2014年

2011年に関東で胃の検査を受けた際に、医師から「63歳では稀な綺麗な胃である」と感心されました。それは、尿療法を始めてから2年目の時でしたが、そのことを医師には伝えませんでした。上記の写真は検査後に、医師から土産にもらった2014年の内視鏡写真ですが、その時も奇麗な胃であると、関東の医師から言われました。

なお、私の胃と食道の境(噴門部、写真の上段右端)が緩いので、食物が逆流しやすく、逆流性食道炎の症状があるが、特に問題ではないとのことでした。


2011年ころから、大腸のポリープができにくくなりました。これらのことからも、尿療法は、胃腸の健康にも有効であると私は信じています。
スポンサーサイト



テーマ: 健康 | ジャンル: 心と身体