fc2ブログ

信頼性の高い「地質学者による巨大地震予知情報」

1.信頼できない日本の巨大地震予知
日本では数年おきに大きな地震が発生し、甚大な被害が出ています。したがって、多くの国民が巨大地震予知に関心が高いのは当然です。
ところが、古くから巨大地震が間近に迫っていると言われてきた関東や静岡では、一向に巨大地震が発生しません。その一方で、巨大地震の発生が予想されていなかった神戸、新潟、東日本、熊本などで、被害甚大な大地震が発生しました。

以上のことから、日本の主流の地震予知の情報(規模、発生場所、被害が及ぶ地域および発生時期)や根拠には、基本的な欠陥があるように私は思います。

地震の研究者の主流は地球物理学者です。彼らが地震発生メカニズムの根拠としているプレートテクトニクス理論は、私のような素人にも分かりやすいが、今までの経過を見ると、地震予知に関しては信頼性に欠け、実用的な成果が出ていないと思います。

2.巨大地震予知に必要な「信頼性」
信頼性が高い巨大地震の予知情報であれば、明日の発生情報でも、1000年後の発生情報でも、それぞれに使い道があり役立つのです。例えば、発生の3日前であれば、個人でも考えて安全な場所に避難します。発生が10年以後であれば、自治体や国が安全な居住地域を定め、各種の地震・津波対策を実施できます。

困るのは、当たらない占いのような情報であり、世論を惑わし、大多数の人や自治体や国を動かす地震対策には結びつきません。

3.私が注目する地質学者の巨大地震予知情報
私が、信頼性が高い情報と思い、注目しているのは地質学者の地震予知です。なぜなら、過去の事実に学び、予知情報に再現性が高いことを示しているからです。


3.1箕浦幸治 教授
その一人は、東日本大震災が間もなく発生すると警告していた、東北大学の地質学者である箕浦幸治教授です。彼は仙台平野の表層堆積物中の津波が運んだ海砂を調査して、以下の結論を報告しています。

「仙台平野の表層堆積物中に厚さ数㎝の砂層が3層確認され、1番上位は貞観の津波堆積物です。 他のいずれも、同様の起源を有し、津波の堆積物です。放射性炭素を用いて年代を測定したところ、 過去3000年間に3度、津波が溯上したと試算されました。これらのうち先史時代と推定される2つの津波は、 堆積物分布域の広がりから、規模が貞観津波に匹敵すると推察されます。
津波堆積物の周期性と堆積物年代測定結果から、津波による海水の溯上が800年から1100年に1度発生していると 推定されました。貞観津波の襲来から既に1100年余の時が経ており、津波による堆積作用の周期性を考慮するならば、 仙台湾沖で巨大な津波が発生する可能性が懸念されます。」

なお、東北電力女川原発の一号機では、過去の津波の情報から、海面から15mの高さに構造物を設置することに決めて、3.11の巨大津波からの被害をまぬかれ、住民避難の場所にもなりました。


東日本大震災における津波による浸水地域_1MB)
東日本大震災による津波の浸水範囲(東北地方の一部地域のみ)。国土地理院の資料です。

なお、貞観地震津波および関連の研究レビューがありますので、参考にして下さい。東日本大震災の前に、大震災の予知につながる、多くの研究報告があったのです。


3.2角田史雄 名誉教授
もう一人は、構造地質学を専門とする角田史雄埼玉大学名誉教授で、プレートテクトニクス理論に代わるものとして、「熱移送説」を提唱しています。


次の震度7は1000px
「熱移送説」を、著書「次の震度7はどこか!」(角田史雄・藤和彦、PHP研究所、2016年)を基にして、以下に説明します。

地球の中心部の「地核」に発生した熱エネルギーが、高温の熱の通り道(スーパープリューム)を通って気球の表層に運ばれ、表層を移動する先々で火山や地震の活動を起こすというものです。火山では、岩石が溶けてマグマと火山ガスが発生します。地震は、地下の岩相が熱で膨張して割れることにより発生します。


東アジアにおける熱移送ルート_530KB)
スーパープリュームは、地核から南太平洋と東アフリカの2ヶ所に出てきます。南太平洋から出てきた熱エネルギーは、西側に移動して、東アジアで図1のように3つのルートに分かれて北上します。

3つのルートとは、(1)インドネシアのスマトラ島から中国につながるルート(2008年5月に発生した中国の四川大地震に関連します)、(2)インドネシアからフィリピンに向かい、台湾を経由して日本に流れるルート(今回の熊本地震に関連します)、(3)フィリピンからマリアナ諸島へ向かい、伊豆諸島を経由して伊豆方面と東北地方沿岸へ流れるルートです。

火山の噴火と地震はペアーで発生し、発生場所はずっと同じです。熱エネルギーは1年に約100kmの速さで移動します。このため、インドネシアやフィリピンで地震や火山の噴火が起きた場合、その何年後に日本で地震や火山の噴火が起きるかが、ある程度予測できます。


MJルートのVEカルテ_550KB)
「熱エネルギーの北上の速度や、箱根地域に至るまでのVE過程(一連の火山・地震過程)の発生時期・順序地震・起こり方が、伊豆諸島で起こる噴火や地震の癖に基づく予測通りだった」(図9)そうです。

角田先生は、以下のように、西之島の規模の大きな噴火活動をもたらした熱エネルギーの北上により、来年から再来年にかけて、伊豆・相模地域で大規模な直下型地震が発生すると警告しています。
「小笠原諸島の西之島(東京の南約1000kmに位置する)の海底火山が2013年11月に噴火し、2014年10月に伊豆諸島の八丈島(東京の南287kmに位置する)の東方沖で、マグニチュード5.9の地震を発生させた熱エネルギーの流れは、2017年から2018年にかけて、伊豆・相模地域に到達することになると予測しています。」 図9の右端の線に注目して下さい。多量の溶岩の流出により、西之島の面積が10倍以上になったと喜んでいる場合ではないのです。

信頼できる巨大地震の予知には、歴史的事実を解析して、周期性や法則を見出すことが必要なのです。このような研究法は、地質学者が得意です。
地球物理学者の地震研究にも、この手法や地質学者の考えを取り入れていただきたいです。そのためには、東大話法からの脱却が必要かもしれません。




スポンサーサイト



「東大話法」にだまされるな!

安冨 歩 (著)『もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く』(講談社+α新書、2012/9/21)を読みました。著者の話をフリーライターがまとめて、著者が加筆訂正したものなので、読みやすく、内容が分かりやすいです。


「東大話法」新書2冊



同じ著者による関連本に、
『原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―』(明石書店、2012/1/7)、『幻影からの脱出―原発危機と東大話法を越えて』(明石書店、2012/7/19)と『「学歴エリート」は暴走する 「東大話法」が蝕む日本人の魂』(講談社+α新書、2013/6/21)があります。

真実や自分の信念を曲げてでも、「自分の『立場』に沿って都合のいい話をデッチあげる」という「東大話法」は、現実には日本の社会に広く蔓延しています。

1.「東大話法」のルール
著者が上げる「東大話法」のルールは以下のとおりです。
1 自分の信念ではなく、自分の立場に合わせた思考を採用する
2 自分の立場の都合のよいように相手の話を解釈する
3 都合の悪いことは無視し、都合のよいことだけ返事する
4 都合のよいことがない場合には、関係のない話をしてお茶を濁す
5 どんなにいい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す
6 自分の問題を隠すために、同種の問題を持つ人を、力いっぱい批判する
7 その場で自分が立派な人だと思われることを言う
8 自分を傍観者と見なし、発言者を分類してレッテル貼りし、実体化して属性を勝手に設定し、解説する
9 「誤解を恐れずに言えば」と言って、ウソをつく
10 スケープゴートを侮蔑することで、読者・聞き手を恫喝し、迎合的な態度を取らせる
11 相手の知識が自分より低いと見たら、なりふり構わず、自信満々で難しそうな概念をもち出す
12 自分の議論を「公平」だと無根拠に断言する
13 自分の立場に沿って、都合のよい話を集める
14 羊頭狗肉
15 わけのわからない見せかけの自己批判によって、誠実さを演出する
16 わけのわからない理屈を使って相手をケムにまき、自分の主張を正当化する
17 ああでもない、こうでもない、と自分がいろいろ知っていることを並べて、賢いところを見せる
18 ああでもない、こうでもない、と引っ張っておいて、自分の言いたいところに突然落とす
19 全体のバランスを考えて発言する
20 「もし◯◯◯であるとしたら、お詫びします」と言って、謝罪したフリで切り抜ける

2.「東大話法」の由来と影響
「東大話法」の特徴である「徹底的に不誠実で自己中心的でありながら、抜群のバランス感覚で人々の好印象を維持し、高速事務処理能力で不誠実さを隠蔽する」能力に秀でているのが、頭の回転が速い東大の学者や東大出身者に多いことから、著者が「東大話法」と名づけたそうです。現役東大教授がよくぞここまで書いたと思うほど、実名入りで具体例が数多く取り上げられています。

著者が「東大話法」に気付いたのは「福島の原発事故」で、東大系の「御用学者がこの話法を使って、ウソをつき、責任の所在を曖昧にし、国民をケムにまいてきた」からです。

もちろん、東大以外の大学人にも、大学を出ていない人にも「東大話法」を得意とする人がいます。大きな会社や機関に属する人は、周囲に思い当たる人が必ず見つかるはずです。

「東大話法」を支えるのが、日本人の精神世界に巣食う「立場至上主義」ですが、「非効率的な会議」、「社畜」、「熟年離婚」、「新卒者の退社」などの背景にもなっていると著者は言います。
その一部を補足説明しますと、「熟年離婚」は、立場主義の妻が定年で「立場の抜け殻」になった夫に嫌悪感を爆発させることが原因で、「新卒者の退社」は価値創造につながらない立場主義の仕事に意味を見出せなくなることが原因です。

「東大話法」への対策もこの本の中で提案していますが、割愛します。

3.私の体験と感想
私の約40年間の会社生活を振り返ると、上記の「東大話法」のルールを駆使する同僚・先輩や上司がたくさんいました。特にエリートと目される人や役員に多かったように思います。

しかし、会社に例外として一人「東大話法」を決して使わず、前人未到の成果を出し続けた技術系役員がいて、常務取締役までなりましたが、「東大話法」を駆使する「立場至上主義」のボスにより潰されました。その技術系役員の発言や判断は、論理的で分かりやすく、部下としては仕事がしやすく、成果を早く出しやかったのです。組織内の「東大話法」が作業能率を落とし、会社の人材育成や事業発展を阻害することを、身をもって数多く体験しました。

この本を読んで、真実を隠し、無責任で、自分の立場だけを守ろうとする「東大話法」による議論が、今までも長く日本中で行われてきていて、今も続いていることを、自分の体験や知識と重ねて、以下のように芋づる式に、気づかせてもらいました。

私が敬愛する松原正は、「同じ保守系の学者や評論家の言論の論理矛盾、道義不在、知的怠惰を論破し、斬りまくった」と本ブログに書きました。斬られたた学者・評論家・作家などには東大出身者が多く、「東大話法」を大なり小なり使っていたと思い当たりました。そうなのです。「東大話法」は、松原正が嫌う「論理矛盾、道義不在、知的怠惰」の言論なのです。しかも、松原正を追い出した日本の言論会を席巻する話法なのです。

近現代史を見わたすと、日本では、当時のエリート集団が個人と組織の「立場」を守るために、真実を隠して、多くの名もなき人びとを塗炭の苦しみに陥れた事例が数多くあります。たとえば、戦時における無謀で稚拙な作戦、長期にわたる公害タレ流し、長引いたハンセン病隔離政策や薬害など。

これらは、きっと、声の大きな「東大話法」の駆使者が、組織を牛耳っていたためでありましょう。問題は、当時の最高レベルの高等教育を受けた人が、数多く集まる組織や集団で引き起こされたことです。日本の教育、人材育成法、人材登用法、組織運営法に重大な欠陥が潜んでいるのではないでしょうか。

日本は、バブル崩壊後に、学会、政界、産業会などの広範囲の分野で、仕事の生産性が落ち、職場の活気が失われ、世界をリードするような新機軸を打ち出せないで長期低迷していると言ってよいでしょう。この本は、そのように日本の活力を低下させた大きな原因と処方箋を示した、貴重な「警告の書」であると思います。



テーマ: オススメの本の紹介 | ジャンル: 本・雑誌

お墓の花立の水涸れ対策「花立用水供給器具」

今年の鹿児島の夏の暑さには参りました。特に8月は最高気温が35℃を記録する日が続きました。

墓参りに熱心な母と一緒に、墓に供える花の交換や墓掃除によく行きますが、8月の猛暑日には1日や2日で花立の水が無くなり、花がすぐに枯れました。猛暑により花立を入れる石は、恐らく50℃を超える温度になっていたことでしょう。日中の高温と花による吸水で、花立の水がすぐに無くなるのもうなずけます。

花立の生花を長持ちさせるために、何か対策がないものかと、共同墓地の墓を見て回りましたが、ヒントになる対策は何もありませんでした。そこで、夏場の間、花立てに水を供給する簡単な器具を自分で作ってみました。


ポリ洗浄瓶とシリコンチューブ
まず、100円ショップでポリの500ml洗浄瓶2つ(税抜き200円)とホームセンターで内径5mmのシリコンチューブ1m(税抜き240円)を買いました。


水滴下チューブとセット後
先浄瓶のキャップをひねって、一体化したキャップとノズルと瓶内のパイブを取り外します。キャップの先端に、長さ50cmのシリコンチューブを差込みます。写真のように、瓶内パイプの全体とシリコンチューブの1ヶ所に、柔らかい銅線を巻きます。これで、「水滴下チューブ」ができあがりです。


セットした花立用水供給装置
水を満タンにした2Lのペットボトルに、上記の「水滴下チューブ」のキャップをねじ込むと、「花立用水供給器具」の試作品が完成です。これを2つ作って横にして、左右の花立てに「水滴下チューブ」の先端を入れます。

水の滴下量はチューブに巻いた銅線を指でつぶしたり、ひねったりして調整します。なるべく微量に出るようにしたほうが良いです。ペットボトル内の水が全量出るように、銅線を巻いた瓶内のパイプを、ペットボトルを置いた時の下側に曲げます。写真のように、ペットボトル内の水は、ほぼ全量なくなっていました。

定量的な評価はしていないですが、猛暑が続いても、1週間位は花立てに1/3程度の水が残っていました。



他家の花立用水供給装置
私が試作した「花立用水供給器具」を我が家の墓に設置してから2、3日後に、隣の他家の墓に、別のタイプの「花立用水供給器具」が設置されていて、驚きました。私と同じ悩みを抱えていた方なのでしょう。

外から見ただけなので正確な情報ではないかもしれませんが、水を満タンにした2Lのペットボトルの口が、花立の水に浸かるように、棒をペットボトルに入れて、花立てに逆さにセットしたもののようです。鳥用サイホン式飲水器と同じ原理でしょう。他にも工夫があるのかもしれません。

構造がシンプルで、多分トラブルが少なく、花の後ろに正面から見えないように隠せるので、きっと優れものです。考案者の了解を得て、私も真似てやってみたいです。

大隅産「規格外のうなぎの蒲焼き」の美味さと理由

関東の荒川沿いの街には、老舗のうなぎ屋がたくさんあります。私が大隅に来る直前に、ある老舗の主に、「美味いうなぎの産地はどこですか」と尋ねたら、「鹿屋だ」と言われました。その店には、主が鹿屋の養鰻場を見学した時の写真が数枚飾ってありました。その時、その店では、宮崎産のうなぎを使っていましたが。

大隅に来て、うなぎの生産量が全国一の場所で、うなぎの蒲焼きが食べられる有名なうなぎ屋が分からないのには驚きました。ネットで調べても、ここぞという老舗が見つからないのです。大隅に来て日が浅いので、情報不足と思い、現在も、知人に聴いて回っています。

今のところ、食べた店の中で、吾平町の「なぎさ」のうな重(特上)と、東串良町の「うなぎ太郎」のうな丼(特上)が美味くて、満足しました。


最近、近所の人から、串良にある「大隅地区養鰻漁業共同組合」で販売している、「規格外のうなぎの蒲焼き」(真空パックされた冷凍品)が、味と価格の両面からお薦めと聴き、早速、買いに行きました。


大隅地区養鰻漁業共同組合
青色の工場の正門から入り、駐車場に車を止めて、周りを見ても売店のような建物がないので、近くを歩いていた人に尋ねたら、自販機の横にある事務所の入口を指されました。うなぎの蒲焼を売っているという張り紙もなく、積極的に販売している風には見えません。地元へのサービスの販売なのでしょうか?


タレ・冷凍食品・送料の価格
事務所に入ると、写真付きで商品の種類と価格が書かれた一枚の紙があり、その中にある「規格外」(1袋500g 税込3,564円)と「タレ」(120g 税込151円)を購入しました。


うなぎの蒲焼「規格外」の中身
「規格外」には真空パックされた冷凍のうなぎの蒲焼き2尾とうなぎの蒲焼きのカット品5袋が入っていました。カット品5袋は1尾分くらいの量です。

事務所の人に食べ方を尋ねたら、冷凍された真空パックのまま熱湯で5、6分ボイルしてから、袋から取り出して、ご飯に乗せてタレをかけてたべると言われました。

うな丼にして食べたら、蒲焼きはボリュームがあって、柔らかく、とても美味しかったです。蒲焼きとタレという主役が良いので、有名な老舗の味と変わりません。「規格外」1つで、家庭で5人分くらいのうな丼ができそうです。
再び「規格外」を買いに行った際に、関東に住むうなぎ好きの子供の家族に、「蒲焼き150g4尾とタレが入った化粧箱」(税込6,480円)を、事務所からクール宅急便で送ってもらいました(送料1080円)。

この化粧箱には、うなぎの蒲焼に関する栞が入っていて、「おいしくお召し上がりいただくために」、以下のように書いてあります。
・ 中袋(真空パック)を凍ったまま熱湯で5~10分位ボイルし、中袋から取り出しタレをかけてお召し上がり下さい。
・ ボイル後中袋から取り出し、2分位こげない程度に網焼きしタレをかけますと一層おいしく召し上がれます。


鹿児島県のうなぎ生産量は全国一で、全国シェアの40%を占めています。中でも、生産量の多い大隅には、厚い火山灰層を浸透した地下水が豊富です。確かに、大隅にはきれいな湧き水が出る場所が多いです。

その地下水が弱酸性で殺菌力があり、ミネラルが豊富なため、うなぎが健康に育ち、脂の乗り方や身の引き締まり方など、バランスのとれた味わいになるそうです。

多くの養鰻業者で1つの加工工場を作り、一元化して品質管理と加工を行っているので、消費者としては品質面で安心できます。

今度は、大隅の養鰻場を見学したいのですが、そのツテがなく、チャンスが来るのを待っているところです。

テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報