fc2ブログ

消えやすいウェブ情報を保存する「ウェブアーカイブ」

デジタル情報社会となり、情報をウェブから得たり残したりすることが多くなりました。
ところが、ウェブ情報は意外に短期間に消滅するケースが多いのです。例えばホームページの閉鎖は日常茶飯事です。

私の職場では、設立4年目に4つのホームページがありました。特に、無料で自分で開設できるホームページの場合は、ホームページの開設者が退職すると、後任に引き継ぐようにしていないため、そのまま放置されていました。有料で業者に開設してもらい、毎月の管理料を払うと、そのようなことにはなりにくいようです。

ウェブサイト自体が消滅してしまうことがあり、公的機関の発行する重要な資料が、紙媒体からウェブ版へ移行していることもあり、過去のホームページを文化遺産として捉え、収集事業をしているサービスは世界中に存在します。
このようにウェブサイトを収集して保存することを「ウェブアーカイブ(Web Archive)」と言います。

日本では国立国会図書館が、2002年から公的機関によるインターネット資料の制度収集を開始し、2010年4月1日からは名称を「インターネット資料収集保存事業」としています。

国立国会図書館


私が住んでいる町が2006年に市町村合併する前に公開していたホームページも、オリジナルの状態のまま、「インターネット資料収集保存事業」で2004年から2005年に6回保存されていました。しかし、たった25年前の当時のリンク先は、全て閉鎖されていました。これこそがウェブ情報が短期間に消滅しやすい証拠です。

その他に、情報機器の機能不全をきたす電磁波攻撃も心配です。
2017年9月3日(日)午後、朝鮮労働党の機関紙・労働新聞のニュースは「核兵器の威力を攻撃対象によって数十〜数百キロトン級に至るまで任意に調整できる我々の水素爆弾は巨大な殺傷破壊力を発揮するだけでなく、戦略的目的によって高空で爆発させ、広範囲の地域について強力なEMP(電磁パルス=ElectroMagnetic Pulse)攻撃まで加えることのできる多機能化された熱核弾頭を備えている」と報じています。

電機メーカーでは、その対策を提供しているところもあります。

デジタル情報社会での情報は、意外に保存性に脆弱であり、盲点があると心得ておくべきと思います。
スポンサーサイト



専門業者に無料でホームページを作ってもらった!

職場のホームページが、いままでに3つありましたが、作った人にしか更新できず、作った人が退職したりして古い情報のまま”氷漬け”で放置されていました。

職場から対外的な情報発信や、仲間内での情報交換や交流促進のため、素人でも更新しやすいホームページが必要となりました。そこで、専門業者に素人でも更新しやすいホームページを作ってもらおうと、何社かに見積もりを依頼しました。

ホームページの作成を業者に頼むと、結構お金がかかるもので、30~100万円を要することがわかりました。高額なので、次年度の予算に上げようかと思案していました。

新しく着任した職場の上司に相談すると、ホームページを”無料”で作ってくれる業者がいると言って、紹介してくれました。初めは、きっと何か問題があるに違いないと思いつつ、信頼できる上司の言うことだからと、業者のプレゼンを聴いてみようという気になり、呼びました。

それは、ポータルサイト「ぐるっとおおすみ」という情報発信集団の一員としてのホームページで、facebookの投稿記事もホームページのトップページに出るようになっていました。

ぐるっとおおすみTOPページ


いくつかのでき上がったホームページをみると、私の職場には機能・体裁ともに申し分ないものであったので、発注しました。

基本的なデータをその業者「ぐるっと鹿児島株式会社」に提供すると、内容を分類してページと項目をつくり、数日でホームページができ上がりました。2週間くらい、試験的に公開して、色々な人からの意見を聴いて各所の修正や追加をしてもらいました。
本当に無料で! ホームぺージができ上がったのです。毎月の管理費用も約4千円と安価に済み、安心しました。

コミ協HPのTOPページ


その後は、マニュアルを見ながら、私がニュース記事とイベント情報を投稿したり、新たなページを作ったりして、改善・更新に努めています。

最初は「ポータルサイト」やSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)機能の意味も仕組みも理解できませんでしたが、実際に運用してみると、分かるようになり、よくできている仕組みであると感心しました。

会員の大半は、すでに立派なホームページを持っていますが、訪問者が多い「ポータルサイト」の魅力は大きいので、ここに新たにホームページを作るのでしょう。しかも、無料で作ってもらえて、維持費が安いのですから。

また、「ぐるっとおおすみ」のTOPページに、会員内の総合アクセスランキング、新着ニュースの「ショップニュース」と「イベントニュース」の掲示が出るのも、会員間の競争心をあおり、このポータルサイトの活性化になっていると思います。

総合アクセスランキング


余計なお世話でしょうが、この事業には利益がでているのかが心配になり、業者に尋ねたら、会員がまだ50くらいと少ないので、赤字のようでした。儲けの仕組みも知りたくなりました。

以上、私にとって刺激的な新体験の報告でした。

テーマ: ネットワークビジネス | ジャンル: ビジネス