fc2ブログ

大隅半島は「建国神話の始まりの聖地」(5)ウガヤの生誕地 その後

5年前に本ブログで「(4)ウガヤの生誕地」を紹介しました。その後、ウガヤフキアエズノミコト(神武天皇の父親)の生誕地に関心のある人を数回現地に連れて行ったり、一人で訪れたりしました。そして、追加の情報を得たので、報告します。

この地をグーグルマップの写真で見ると、このあたりで旧肝属川(白色の線)は大きく蛇行していて、旧河川は大きく湾曲した二つの輪のようになっていたようです。その場所は二つの輪が接近した場所のほぼ中間点にあたります。旧河川の形から、津曲という地名の由来が納得できます。川を挟んだ北側には、県内最大規模の140基の唐仁古墳群があり、南側には日本最南端の前方後円墳を含む44基の塚崎古墳群があります。
水害後の河川改修_文字入5

『大隅昭和写真帖』の写真とは景色は変わっていましたが、この孟宗竹林は真ん中が1m弱、盛り上がっていて、本に書いてあるように、田地にするために崩した古墳(円墳)の跡であったのでしょう。昔は神殿内に石棺の一部が露出していたそうです。
津曲ウガヤ生誕地の竹林_連結

今ある一枚の天然石の石碑は、古墳にあった石棺の三枚の蓋石の一つで、『大隅昭和写真帖』に書いてあるように、ここは「今は水田になってしまった旧肝属川沿いの竜神宮の拝殿跡地前」でありましょう。
津曲ウガヤ生誕地_石碑2連結

蓋石のもう1枚は、「平田明宅庭横の道路沿いにイボの神として」いる石碑です。
津曲のイボの神の蓋石_3連結

残る一枚の「田中昇宅隣接のT字路角に安産の神として祀ってある」石は、田中宅横に生け垣に囲まれてありました。ここは別称が観音様で、ウガヤフキアエズノミコトが生まれた場所でありイヤ(胞衣)が祀ってあり、朱が埋めてあるといわれています。
津曲の安産の神の蓋石_3連結

令和2年10月20日に「ウガヤ生誕地」に隣接する家主の森園純治(すみはる)氏(86歳)が、畑の耕作のために現在お住いの根占から来ておられたので、以下のお話を聴きました。     

ここはトヨタマヒメが柏原で安産祈願のみそぎの潮がき(かけ)をして帰る時に急に産気づいたため、地元の人達が孟宗竹で産屋を急いで造って差し上げて、ウガヤフキアエズノミコトを出産した場所と伝えられている。出産時はウガヤが大蛇であったので、皆が恐れおののいてひれ伏したと伝えられている。

昔は12月28日に地元の人が一握りのワラを持ち寄って長さ11ヒロ(16.5m)と33ヒロ(49.5m)のしめ縄を作り、蛇の姿にして飾る祭りがあった。また今でも3月17日の野崎地区の鎌踊りの時は、津曲の人達が最初にここで棒踊りをしてから野崎の天道山の伊勢神社で踊っている。ここの石板は、ウガヤフキアエズノミコトの墓陵である吾平山陵を向いている。数年前に鹿児島大学の研究者が掘って調査した。

子供の頃には、安産祈願の妊婦がよくここに来て、賽銭を置いていった。それを隠れて見ていた子供らが、妊婦が去ると、我先にと賽銭を取りに行くのが楽しみであった。」    

なお、『大隅昭和写真帖』には、「現在は無いが、大正3、4年頃までの古い神殿は竹小屋風(円錐形)で、その中に七尋(ヒロ)半のメスの竜がトグロを巻いていた。そして13尋(ヒロ)のオスの竜がその竹小屋にからみついて、外側からちょうど雌竜を守っている格好だった。」と書いてあります。森園純治氏の話から、竜は蛇でありましょう。

内倉武久氏による説では、熊襲(熊曽於)は中国南部から渡来して大隅半島に最初に住み着きました。中国南部で伝統的に使っていたシンボル模様の一つが蛇です。蛇は水の神様だそうです。また円墳は熊襲がよく造っていたので、両者があった森園神社には熊襲の足跡が残っていたと考えることができます。

参考文献
・緑河創生著『大隅昭和写真帖』(株式会社南方新社、2002年発行)
・内倉武久著『熊襲は列島を席巻していた』(ミネルバ書房、2013年発行)

本二冊

スポンサーサイト



テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

大隅半島は「建国神話の始まりの聖地」(4)ウガヤの生誕地

ウガヤ生誕地の本と文


緑河創生著「大隅 昭和写真帖」(株式会社南方新社、2007年発行)を見ていたら、「ウガヤの生誕地」というぺージがありました。
その説明を読むと、その場所は、肝付町津曲の森神社跡で、その神殿内に石棺の一部が露出していたらしいです。

私は「日本の建国神話のはじまりの聖地」である大隅の関連遺跡に興味があるので、神武天皇の父親であるウガヤフキアエズノミコトの生誕地があるという肝付町津曲に行ってみることにしました。

津曲集落の消防車の車庫がある広場に車を置いて、庭で作業中の男性に「ウガヤの生誕地」の場所を尋ねたら、集落の外れに石碑があるとおおよその場所を教えてくれました。その辺りを歩いて回ったが場所が特定できなかったので、近くの家の庭に居た老夫婦に「大隅 昭和写真帖」を開いて生誕地について書いてあることを伝えたら、目の前の場所に違いないと、数十メートル離れた場所を教えてもらいました。


ウガヤ生誕地の現地
本の写真とは景色が変わっていたが、竹林の中に文字がない高さ2mくらいの平べったい天然石の碑が1つ建っていました。この孟宗竹林は真ん中が1m弱、盛り上がっていて、本に書いてあるように、田地にするために崩した古墳の跡だったのでしょう。古いブルーシートがしわくちゃになって石碑の近くに放置されていました。


石碑の表裏
石碑の表裏の写真です。この石碑は、古墳にあった石室の3枚の蓋石の1つで、本に書いてあるように、ここは「今は水田になってしまった旧肝属川沿いの竜神宮の拝殿跡地前」でしょう。


石室の蓋石
もう1枚は、「平田明宅庭横の道路沿いにイボの神として」いる石碑で、上記の写真の中央にあるものと思われます。残る1枚の「田中昇宅隣接のT字路角に安産の神として祀ってある」石は、老夫婦が確かにあると言っていたが、自分一人では見つけ出せませんでした。



この地をグーグルマップの写真で見ると、このあたりで旧肝属川は大きく蛇行していて、旧河川は大きく湾曲した2つの輪のようになっていたようです。ここはその輪が接近した場所のほぼ中間点にあたります。旧河川の形から、津曲という地名の由来がわかります。近くの肝属川を挟んで対岸のほぼ等距離の所に、唐仁古墳群があります。

ウガヤフキアエズノミコトのお墓は「吾平山陵」という素晴らしい名所になっていますが、残念ながら生誕伝承地は無残な姿になっていました。手を入れて、せめて、昔の神社や古墳があった当時の写真を付けた説明板でも置いて、往時をしのばれる場所にしていただきたいと思いました。
テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報