fc2ブログ

鍼灸師から学んだ健康法

 腰痛になったので、知人から勧められた鍼灸院で治療しています。物静かな鍼灸師の老先生が、私の健康に役立つ話をしてくれて、反省し勉強にもなりました。学んだことを以下に紹介します。

 

1 自己流の健康法の問題

私の自己流の健康法が腰に悪影響を及ぼしていることを指摘してくれました。腰骨の一部が陥没しているとのことです。思い当たることがありました。確かNHKの番組で知り、坐骨神経痛対策として上向きに寝てソフトボールを臀部に当ててボールを転がすことをしてきました。ネットにも同様な療法のブログがありました。その療法を私も長期間、実施してきました。

ソフトボール体操

 最近、腰痛になってから、臀部だけでなく、背骨に近い腰にも自己流でソフトボールを当てました。そのために小生の腰骨の一部が陥没したと気づきました。自己流の健康法を反省しました。なお、鍼灸師の先生が言うには、椅子型のマッサージ機(マッサージチェア)を長く利用する人に骨の陥没や変形が多いそうです。

 

2 腰痛に温泉は厳禁

腰痛は熱を持った炎症なので、冷やす必要があり、湯船に腰を浸けて温めては行けないことも教えてもらいました。腰痛時には、湯船に入っても立ったままで湯を掛け、体を洗いなさいと言われました。腰痛を治すために、温泉に行くのは最悪だそうです。

風呂と温泉

 

3 簡単なウィルス退治法

一番驚いたことは、この鍼灸師の先生は毎日色々な患者に接するのに、コロナにもインフルエンザにも罹ったことがないと言われたことです。その理由として、喉の奥に付着したばい菌を洗い流すために、頻繁に水分を摂っているからだと言われました。万病を治すと言われている「Bスポット療法」に類似した方法でした。


4 口の機能訓練が必要

これは鍼灸師から学んだことではありませんが、上記③に関連する重要なことと思うので、最後に紹介します。

口の衰えは体の衰えより先に始まるそうです。最近、最終的に肺炎で亡くなる友人・知人が多いので、高齢者は口の機能の訓練が必要であることを、このYoutube「誰でも5分でできる】口の機能を整える"3つの方法" - 75歳からの死亡リスクが大きく変わる!」で学びました。

口機能の訓練
スポンサーサイト



テーマ: 医療・病気・治療 | ジャンル: 心と身体

源泉掛け流しの「江之島温泉」

5月21日開催の「ふるさと再発見塾」で、鹿屋市国際交流員のディートマソ・スティーブン(Stephen DiTomasso)氏による「アリゾナと日本と私」という講演を聴きました。講師は24歳のイタリア系米国人で、日本語が上手でした。日本人が気付きにくい、日本の良い所や日本人の不可解な行動などを、楽しく聴かせていただきました。

彼は、垂水市にある「江之島温泉」がお気に入りで、良く入浴に行っているようでした。源泉掛け流し温泉であると聴き、私も行ってきました。

江之島温泉は、大隅半島の付け根に近い鹿児島湾に面した海潟(かいがた)温泉地区にあります。目の前の海には、近くに江之島が見え、その後ろに桜島が広がる、景色の素晴らしい所です。



江之島温泉の場所




江之島と桜島の眺め(500KB)
目の前の江之島と背後にある桜島の眺め



国道220号線(佐多街道)から、入り口に江の島温泉の看板がある、車1台が通れる程度の狭い道を海岸方向に進み、堤防沿いに右折すると、すぐに駐車場があります。


江之島温泉駐車場
駐車場(隣の白い建物は「江洋館」)



駐車場の横から階段を降りて進むと、日帰り入浴のみの共同浴場「江之島温泉」があります。


江之島温泉入口
江の島温泉の入り口



入浴料は、隣にある管理人の家の開いた入り口から入って、小さな賽銭箱のような木箱に入れます。私が行った時は、管理人は外出中で不在でした。「回数券やお釣りが必要な場合は無銭で入浴して、次回報告願います」と書いてありました。この地域は純朴で正直な人ばかりなのでしょうね。大人の入浴料は250円でした。


入浴料支払場所
入浴料の支払所



脱衣所でプラカゴに所持品を入れて、棚に置きます。ロッカーや洗面台はありません。


脱衣所と効能書き
男性用の脱衣所と効能書き



湯船は2つに区切られていて、湯口に近い槽が高温で、遠い槽がやや温度が低くて入りやすいです。湯船からは絶えず湯が溢れ出ています。単純硫黄泉ですが硫黄の匂いは微かであり、湯は無色で、白い小さい湯の華が混ざっています。癖のない、入りやすい温泉です。


浴槽と湯口
男性用の浴槽と湯口



湯が流れている床に寝るために、枕にする木の角材が3ケ置いてあります。私が行った時には、一人の地元の老人が寝ていました。許可を得て、遠くから上の写真を撮りました。

シャワー・カランは3箇所しかありません。源泉が出ます。配管を見てバルブを操作し、シャワーにしたり、地下水だけにしたりします。水風呂は地下水の掛け流しです。


カランと水風呂
シャワー・カランと水風呂



その老人に尋ねたら、入浴者が多いのは平日は16時以後、休日は朝です。また休業日はないそうです。ここは、その老人の生まれる前からあった温泉だそうで、隣の海潟温泉「江洋館」の温泉にも安い入浴料(300円)で入れると話してくれました。

江之島温泉は古くからある名湯で、規模が小さく鄙びていて、心身ともに休まりました。また、来たくなりました。


テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報