fc2ブログ

薩摩藩の暗黒史 補遺(ならず者の系譜)

1 巨悪を暴いた薩摩本
昨年、佐藤 眞著『薩摩という「ならず者」がいた。 誰も語らなかった明治維新秘史』( ケイアンドケイプレス)という、司馬遼太郎の本をひっくり返すような内容の薩摩本が出ました。
                薩摩というならず者_10

明治維新に薩摩藩が大きな役割を果たしたことは、よく知られています。しかし、その背景には島津斉彬が主導した国家反逆罪に相当する「贋金作り」による潤沢な資金がありました。この本では、斉彬は目的のためには手段を選ばない大胆で非情な男、テロリストと過激な表現をしています。

また、今も残る鹿児島県民のよそ者排除、男尊女卑と権威に弱い実態、過激すぎる廃仏毀釈により全ての寺院が破壊されたため、他県に比べて余りにも少なすぎる観光名所と文化財など、島津氏の圧政の影響が今日まで色濃く残っていることを証拠をあげて説明しています。

ここまで、島津氏の悪逆非道ぶりを書いた本は初めてだろうと思います。なお、この本の種本は、以下の写真の著者のラ・サール高校(鹿児島)での恩師と坂田吉雄・京大名誉教授の名著です。今後、著者は高校の同窓会には参加しくいことでしょう。
本二冊_20

2 大隅にあった文化財を持ち去った「ならず者」の子孫
私は大隅半島に移住してきてから、郷土史に興味を持って史跡巡りを始めました。南北朝・室町時代に鹿屋市内に建てられた有名な2つの寺の跡で、驚くべき光景を目にしました。

今から約600年前に建てられた島津氏一族の墓や供養塔がありました。それらは、重要な文化財として、地元人達が大切にしてきたものでした。当然、地元の郷土史(誌)にも記録が載っています。ところが、島津氏の子孫が昭和50(1975)年頃に、地元の了解も得ずに薩摩半島の鹿児島市にある島津墓地に移設してしまいました。昭和の御代になってから、墓参りや先祖供養が楽になるように、一族の墓を1ヶ所に集めたものと推測されます。

現在、2つの寺跡には墓や供養塔を囲んでいた石柵が残るだけです。もぬけの殻になった墓地を、地元では草刈りをしたり、史跡としての說明の石碑など建てて、今でも大事にしています。
以下に、重要な文化財としての2つの寺跡ついて説明し、もぬけの殻になった石柵の写真を示します。

① 龍翔寺跡(鹿屋市大姶良町)
日本百僧の一人に数えられる名僧の玉山玄堤(ぎょくざんげんてい)和尚が、大姶良城主の楡井頼仲の招きにより、大姶良に「瑞雲山龍翔寺」を建立して初代住職となりました。この寺は560年ほど続きましたが、明治初年からの廃仏毀釈で壊されてしまいました。

この寺には、大隅の守護(今の県知事)となった6代島津氏久(1328~1387年、南北朝期)の供養塔と遺命(死ぬ時に残した命令)により氏久夫婦の墓塔もありましたが、昭和50年ころに鹿児島市の島津墓地に移されました。今は大きな石柵だけが残っています。
大隅史談会の『大隅』(1963年)に、墓塔などがあった当時のボヤケた写真が載っていましたので、現在の石柵の写真と並べて示します。
龍翔寺島津の墓の今と昔の連結

② 含粒寺跡(鹿屋市吾平町)
7代島津元久の長男・忠翁和尚(1379~1445年、室町時代)が正長2(1429)年に建てた曹洞宗・福昌寺の末寺です。忠翁の尽力もあり、含粒寺は大隅中部における仏教文化の拠点となりました。忠翁は永享4(1432)年には総持寺(神奈川県横浜市鶴見区)の76世に出世し、朝廷から紫衣を勅許されました。文安2(1445)年6月7日に67歳で亡くなりました。

含粒寺には忠翁の母(島津元久夫人)と妹の墓もありました。御南御前(16代肝付兼続夫人、島津忠良・日新斎の長女)も、ここに埋葬されたと記す資料もあります。大きな石柵が残っているので、立派な墓塔が建っていたと思われます。残念ながら、当時の写真は見つかりません。
含粒寺跡石柵と案内の連結

含粒寺は約440年間続きましたが、明治2(1869)年に廃寺になり、大姶良の南地区の玄朗寺と合体して移築されて、再興されました。廃仏後に再興されるのは珍しいことです。それほど重要な寺であったのでしょう。

含粒寺には山中八景といって、当時は八つの美しい景色(山頂羅漢、屋後の瀑布、座禅石、南池白蓮、大谷藪竹、門頭屏風岩、囲山流水、寺前石橋)を見ることのできる場所でした。大正15年発行の「姶良村誌」の巻頭に掲載の写真の中に2枚の「門頭屏風岩」があり、周囲の景色は変わりましたが、今も磨崖仏が彫られた「門頭屏風岩」を見ることができます。
仲翁和尚を火葬した場所は、「門頭屏風岩」の下の田圃で、そこに梅寿中翁灰塚(火葬)の碑(墓)が建てられました。しかし、この塚も持ち去られ、石柵だけが残っています。現在の写真と、以前の姿を写した大正15年発行の「姶良村誌」および昭和35年発行の「吾平町誌 下巻」(右端)の写真を、以下に示します。
含粒寺灰塚の今と昔の連結_文字入

ここには歴代のお坊さん等の墓が28基ありました。その多くは破壊されて、埋もれていましたが、鹿屋市の郷土史家が掘り起こして、石柵の横の斜面に並べました。今も現地に無残な姿で残されています。
これも整備して島津墓地に移設できなかったのでしょうか。島津氏が建てた重要な寺を支えてきた和尚たちの墓は、島津氏の子孫には取るに足りない物で、打ち捨てられたのでしょうか。
含粒寺の僧の墓と全景の連結

21世紀になりました。島津氏の子孫は、数世紀前の江戸時代には許された傍若無人の「ならず者」の振る舞いとは決別していただきたい。そして、地元鹿屋市民の気持ちを重んじて、昭和の時代に黙って持ち去った文化財を、元あった場所に戻していただきたいと切に希望します。夫婦の墓塔を大姶良に建てることを、遺命で残した島津氏久他のご先祖も喜ばれることでしょう。
スポンサーサイト



テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

昭和26年創立の「大隅史談会」

鹿児島県は、島を除くと鹿児島湾を挟んで薩摩地方と大隅地方に区分されます。東側にある大隅地方の歴史や文化を未来に伝えようと、史跡探訪、文化財保存、研究などの取り組みをしている民間団体の「大隅史談会」があります。

創立されたのが昭和26年(1951年)です。そして『大隅史談会誌』の名で史論集が創刊されたのが、昭和29年(1954年)です。第三号から『大隅』という名称になり、現在まで続いています。なお、第三号の「大隅」という楷書を揮毫されたのは、高名な歴史学者の平泉澄・東大名誉教授です。

大隅第1-3号連結

創刊の詞にもありますが、大隅地方は古代には繁栄した先進地でしたが、その後に景行天皇、大伴旅人、島津氏による三度の討伐で長期にわたり被征服地となりました。創刊には、その口惜しさをバネに、古代に栄えた文化の花をもう一度咲かせようとする強い意気込みが感じられます。

66年間一度も途絶えることなく、史論集『大隅』を発行してきたのには、会長をはじめとする役員の尋常ではないご苦労がありました。元会長の松下高明氏は、同氏のブログに以下のようなご苦労話を書かれています。

『では何を運営資金とするのかというと会誌『大隅』の売り上げなのである。俗に言う「自転車操業」というやつである。
しかし会員200名のすべての人が購入するわけではなく、年にもよるが100名から150名(100冊から150冊)であり、単純に計算すると年間売り上げは20万から30万であった。
「自分で原稿をパソコンで打ち込み、おたくに製本だけお願いしたら、安くなるのでは」と掛け合い、半額の840円(800円プラス消費税5パーセント)で可能となり、250部が20万で済むようになった。』

その後、更に、大隅史談会の広報と購読者の増加のために、『「月例会」を57号の頃(平成26年度)から始めた。月1回の日曜日の午後、主として会誌に投稿してもらった人の話を聴くという学習会だが、一回に二人の講師を頼み、それぞれ4000~5000円を謝礼として支払うことができた。』
歴代の会長を中心に、創刊時の決意を継承して、歯を食いしばるような努力が続けられてきたことがわかります。


昨年、ポータルサイト「ぐるっとおおすみ」内に、大隅史談会のホームページができました。

ホームページTOP

このホームページ内にあるページ『史論集「大隅」』には、各号に掲載された論考のタイトルと投稿者が載っています。それを見ると、古代から近現代までの大隅地方の歴史、文化、習俗などに関する広範な内容について、多くの投稿者が書いていることに驚かされます。

投稿者の多くは大隅の人ですが、鹿児島県以外の国内や海外の人もいます。また、九州大学名誉教授の秀村選造先生や、次々と新しい古代史像を提示されている内倉武久氏も投稿されています。

3年前からは、俳句と短歌も載るようになりました。

大隅3冊_700KB

来月の20日に発行予定の「『大隅』(第64号)2021年発行」のタイトルと投稿者は、以下の通りで、興味ある内容が多いです。


一  大隅半島遺跡における開聞岳起源の火山灰について   中 村 耕 治
二  前方後円墳の起源                        武 田 悦 孝
三  熊曽於族・継体は朝倉市に都していた             内 倉 武 久 
四  古代人の名前の付け方から歴史を推定する          大 野 文 明
五  『酒呑童子』と右田家蔵「絵巻物」の謎             右 田 守 男
六  「梅北の乱」の謎                          新 留 俊 幸
七  甑島の一向宗禁制史                        橋 口  滿     
      ―植村喜平太の叛乱―
八  神木                                 竹之井  敏  
九  石碑から見る大隅の歴史  ―その三―             瀬 角 龍 平
    一、疎水・開田の記録
     ・入部兼吉頌徳紀年碑(大崎町野方)
     ・水路紀年碑開渠來歴(南大隅町根占)
    二、鎮魂
     ・安庭貞温大人之墓(肝付町高山)
     ・正矢勝武斯男命之墓(肝付町高山)
     ・日高藪仙(正業)燈明台(肝付町高山)
     ・村上家先祖累代墓(南大隅町佐多)
     ・郡の禰寝氏四代の墓表(南大隅町佐多)
    三、顕彰碑
     ・謝恩記(東串良)
     ・東風泊漁港開拓之碑(肝付町高山)   
十  久光の影武者
     久木山泰藏行達列伝(前編)                  橋 口  滿  
十一 泊州和尚略伝                            上 園 正 人
十二 五代友厚公の銅像を巡りて                    渡 口 行 雄
十三 永田良吉の随想風回顧録について               朝 倉 悦 郎
十四 進駐軍管理下の日本軍爆弾集積所の爆発          小手川 清 隆                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
十五 町指定文化財道隆寺の清掃について              福 谷  平 
十六 俳句                                   たるみず俳句講座 
十七 短歌(1)                                 肝付町短歌会
十八 短歌(2)  華                                                  短歌会鹿屋・曽於支部
十九 令和二年度「現地研修」の報告                   朝 倉 悦 郎
二十 郷土史家:故江口主計氏を惜しんで  追悼文          窪 田 照 夫
二十一 故江口主計先生へ                         松 下 高 明
二十二 大隅史談会からの御案内                    大隅史談会 
       『投馬国』と『神武東征』が出版    

史論集『大隅』の購入方法は、ホームページ内の「大隅史談会について」の「2 入会案内」をご覧ください。なお、在庫の有無は、前記のホームページ内にあるページ『史論集「大隅」』でご確認ください。



テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

賑わう!大隅にある3漁協の食堂

大隅半島には、漁業組合の食堂が三か所にあります。垂水漁協の味処「海の桜勘」、鹿屋市漁協の食堂「みなと食堂」およびねじめ漁協のおさかな天国「さかな館」内の食堂です。
いずれの食堂も、新鮮な魚を使った料理をお手頃の価格で食べられるので、昼食時には賑わっています。私も三か所の食堂をよく利用しています。

1 垂水漁協の味処「海の桜勘」
  住所:垂水市海潟643-14 ☎0994-32-03621
  開店時間:11:30~14:00
  休み:火曜日、年始年末

三つの食堂の中では一番新しい食堂で、昔は温泉客で賑わった海潟の海岸にあります。漁協の加工工場の二階です。目の前の鹿児島湾内は、カンパチの養殖場となっていて、多くの生け簀と漁船が見られます。目と鼻の先に桜島と江之島があります。食後に、海岸からこれらの景色を見るのもお勧めです。

食堂合体

鹿児島茶配合の餌で育った養殖カンパチ「海の桜勘」は、ビタミンEが多く、コレステロールが少なく、うま味があってさっぱりした美味しさが特徴だそうです。

メニューは多く、私はカンパチの漬け丼セット(下の右の写真)をよく注文します。料理と価格はホームページをご覧ください。
お土産にお勧めなのが冷凍の「ビンタ煮」(税込み500円)で、解凍するだけでカンパチの頭のあら煮が骨まで食べられる柔らかさです。

食堂とづけ丼の合体


2 鹿屋市漁協の食堂「みなと食堂」
  住所:鹿屋市古江町7468 ☎0994-46-3020
  開店時間:11:00~14:00
  休み:月曜日

バラのまち鹿屋らしく、魚の餌にバラの花びらの粉末を配合し、ポリフェノールが豊富で魚臭さがないと、魚料理が人気を集めています。カンパチをメインに、多くの料理があります。私はカンパチの漬け丼セット(下の左の写真、税込み700円)を注文することが多いです。私は土産にカンパチの南蛮(下の右の写真、税込み200円)を良く買います。

漬け丼と南蛮の合体

天気の良い日に、海が見える窓際に座ると、鹿児島湾の向こうに薩摩半島の開聞岳(下の右の写真)が見えます。

みなと食堂と開聞岳の合体


3 ねじめ漁協のおさかな天国「さかな館」内の食堂

住所:鹿屋市新川町683 ☎0994-45-7117
開店時間:11:00~14:00
休み:不定休

潮の流れが速い根占漁場は、カンパチの養殖に向いた海域だそうです。この「さかな館」は根占からは遠い鹿屋市の街中にあり、魚、寿司の他に、野菜、果実、菓子、花など、沢山の商品を売っています。

さかな館全景と売場合体

食堂はカンパチをメインにした魚の定食や丼など多種類があります。下の写真は「カンパチ丼アラ煮定食」(税込み950円)です。立地条件が良いこともあり、売店も食堂も賑わっています。

食堂と漬け丼あら煮定食合体  



テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

戦争遺跡が多い大隅

大隅半島には太平洋戦争の遺跡がたくさん残っています。畑、海岸、山などに、掩体壕、トーチカ、砲台、地下施設、防空壕などがあります。

都会地のように住宅地が拡大したり、再開発事業が繰り広げられることがほとんどない地方にあったことや、地主が遺跡を大事に保存したことが幸いして、残されたのでありましょう。

話は変わりますが、南九州には多種の石像が無数にあちらこちらに散見されます。田の神様、水神様、観音様、五輪塔、古墳などが、他所から来たものには驚くほど多いのです。また、お墓を綺麗に維持管理しているお宅が多いです。このような背景には、先祖や神様を敬い大切にする精神風土があるのではないかと、私は考えています。
戦跡に対しても、それらと同種の、先人や戦死者を崇めたり、供養したりする思いがあって、地主が破壊せずに大事にされてきたのではないかと思います。

百田尚樹の本や映画の「永遠の0」が話題になってから、その舞台となった鹿屋の戦跡が注目されて、見物客が多くなりました。鹿屋市では、戦跡巡りのバスツアーを企画実行したり、戦跡の整備も進めています。
鹿屋市にも「永遠の0」により千載一遇の好機が来たわけですが、それを町興しにつなげる動きは遅かったようです。


新旧の川東掩体壕 - コピー

掩体壕の説明板 - コピー
しかし、戦跡が徐々に整備されて、案内板や駐車場ができつつあり、うれしく思います。上の写真は、鹿屋市川東町にある川東掩体壕(左は2015年3月15日撮影、右側は整備後で2016年10月1日撮影)と説明板です。この掩体壕に零戦が入れられていたと言われています。


地下壕電信司令室

地下壕電信司令室の説明板
鹿屋市串良町の民家の裏にある地下壕電信司令室と説明板(2015年3月15日撮影)です。ここで特攻機からの無線を受信して、突撃時刻を特定したと聴きました。

整備後の地下壕電信司令室
地下壕電信司令室も、最近このように整備されたそうです。鹿児島県の「大隅地域の戦跡」の写真を借りました。

その他の戦跡については、「鹿屋に残る戦跡」(鹿屋市)や「鹿屋航空基地史料館と特攻史料の特徴」(本ブログ)などを御覧下さい。



テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

大隅半島は「建国神話の始まりの聖地」(3)

同じタイトルの(2)で、私は以下のように書きました。
「神話に関する伝承話が、関連の旧跡がある地元には伝わっているはずです。神々が活き活きと甦ってくるような伝承話を掘り起こして、後世に伝えていただきたい。もし、そのような話をまとめた資料があれば是非読んでみたいものです。」

大きな図書館には、大隅の建国神話の伝承話の資料があるかもしれないと思い、鹿屋市立図書館に探しに行ってきました。

市立図書館
写真 鹿屋市立図書館


入り口に「郷土・事典コーナー」と書かれた部屋に、大隅史談会の会報「大隅」が並んでいました。

郷土コーナー
写真 郷土・事典コーナーと大隅史談会の会報「大隅」が並ぶ書架


書架に置かれていたこの会報を順次めくりました。残念ながら、創刊号から29号までは飛び飛びに欠本がありました。
1959年発行の第5号に、「伝説研究」として4編の報告があり、その中に長崎貞治氏が書かれた「吾平地方の伝説」がありました。

大隅5号
写真 大隅史談会の会報「大隅」第5号


それには以下の6つ伝説があり、(一)と(二)の3つの文章が建国神話に関するものでした。これを見つけた時には、うれしかったです。

(一)飴屋敷
  ○うがや不合尊の御誕生
  ○飴屋敷の老婆
(二)玉依媛尊とガラッパどん
(三)ジヤの行けジヤの穴
(四)権現島の鬼火
(五)夜鳴の名刀

「(一)飴屋敷」の2つの話の概要は知っていましたが、書かれていた伝説には、神様の話し言葉に態度や感情の説明が加わり、童話のようにわかりやすく、話の情景が芝居のように目の前に浮かんできました。

「(二)玉依媛尊とガラッパどん」は初めて知った話で、要旨は以下のとおりです。神武天皇の母君の玉依媛が幼い皇子(御幼名は狭野尊)を連れて川で洗濯をされていたら、皇子が川に落ちて無数の河童にとりつかれました。母君が川に飛び込まれて、懐剣で河童を斬って追い払い、皇子を救ったという内容です。今も河童の手形のような文様が肝属川の川淵にあり、伝説と符合していると書いてありました。
玉依媛の気丈な性格とともに、子供に対して川には危険があるという教えを、この話に込めているのでありましょう。

(三)(四)(五)は、いずれも吾平町に残る中世の伝説です。

今回は、郷土史の会報「大隅」に記録されていた、吾平町に残る建国神話に関する伝承話を知りました。後世に末永く伝えたい貴重な資料で、執筆者に感謝しました。
吾平町以外にも、このような建国神話に関する伝説があるはずです。ご存じの方がおられましたら、教えてください。


大隅史談会誌「大隅」には、興味深い建国神話についての論考がいくつかありました。中でも松下高明氏の報告は、説得力のある専門的な内容であり、啓発されるところが大でした。

1979年発行の第21号には、北園博氏が書かれた「神武天皇御祭航地柏原と大和の地名」(筆者注:祭航は発航の誤植か?)があり、大隅には大和と同じ地名が多いこと(71ヶ所)が示されていました。

大隅21号
写真 大隅史談会の会報「大隅」第21号


安本美典氏は、『言語学の分野で、しばしば、地名は、「言語の化石」といわれる。ふつうのことばにくらべ、地名は、ずっと歳月による風化をうけにくい。』として、「邪馬台国見聞録」や「邪馬台国への道」で地名を神話と史実のつながりを求める手がかりにされています。上記の北園博氏の報告もその観点から重要であると思いました。

今回の件で、1951年から続く大隅史談会の活動に、あらためて敬意を表した次第です


テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報