fc2ブログ

山間地の廃校での祭典はなぜできたか?

神野祭典チラシ合体
11月26日に、吾平町の旧神野小学校で「おおすみ食とマルシェの祭典」が開催されました。


花マルシェ
雨天にもかかわらず、千人を超える人が来て、約60店舗からなる「おおすみハナマルシェ」が買い物客で賑わいました。特に、体育館内の店舗は人で混雑していました。


料理
校舎の二階の教室では、神野の食材をたくさん使った食事(税込3,500円)が、地元の女性グループや鹿屋中央高校の学生などの協力を得て、予約した80人に提供されていました。メニューは門料理研究家の門倉多仁亜(タニア)さんの監修によるものです。


教室の飾り付け
校舎内のデコレーションも、土地の物や学校の教材などを使い、品良くて趣がありました。廃校とは思えない、見違えるような雰囲気に変わりました。窓から望める中岳(吾平富士)などの山々の景色も、来客に安らぎを与えたことでしょう。


旧神野小学校
神野地区は山間地であり、人口が200人弱、高齢化率(65歳以上の高齢者人口が総人口に占める割合)が51%です。

このような場所に、大勢の人が集まる理由は何だろうと考えてみました。
普通は、門倉多仁亜さんと「おおすみハナマルシェ」という知れ渡った名前が最初に上がることでしょう。しかし、その前に、地元の人のやる気・情熱が伝わったので、門倉多仁亜さんと「おおすみハナマルシェ」を引き付けたように思います。関係者の何回かの打ち合わせ、食材と料理の検討・試作、会場準備などにも苦労はありますが、一致協力してできたようです。

吾平町内の10町内会で、ダントツに人口が少ない町内会が神野です。その神野町内会が、今年の吾平町の運動会(体育祭)で総合得点で1位になったのです。それは、前回のブログで紹介した、宮口侗廸(としみち)氏が言う『地域のパワーは、「人口 × 関係の濃さ」である』から推測できます。

すなわち、神野では、人口は少ないが、人間関係が極めて濃密であるから、地域のパワーがあるのです。濃密な人間関係は、地域リーダーが育っていて、日ごろの人付き合いが多いためだと、私は考えています。
スポンサーサイト



テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

地域おこしは人間関係の濃さと地域リーダーの有無がミソ

農山村

都会地から、高齢者の多い郷里の農村に移り住み、予想外であったのが、社会生活面での人間関係の希薄さです。
田舎の人の方が団結力が強く、地域社会への貢献度が大きいという、私の先入観、思い込みが強すぎたせいかもしれません。

都会地での人間関係の希薄さは、よく言われていることですが、それは近所付き合いのことだと思います。農山村の郷里に戻って来て、小さいときからの知り合いという関係からか、都会地よりは近所の人と声を掛け合う機会は多いですが、特別に多いというわけでもありません。

具体的な「社会生活面での人間関係の希薄さ」とは、地域で目的を持って、顔なじみの集まりがあっても、議論が少なく、提案などの前向きの発言がなく、一向に盛り上がらない静かな場となるようなことです。

先日、早稲田大学名誉教授 宮口侗廸(としみち)氏の講演で、『地域のパワーは、「人口 × 関係の濃さ」であり、「濃さ」がプラスになる仕組みづくりが大事になる。』ということを聴き、私の実感から、これが地域おこしのポイントであると思いました。

人口が減る地域は、関係の濃さを増す努力をしなければ、地域のパワーは衰えます。一般には、人口が減ると関係の濃さは薄まるので、地域のパワーは急速に衰えることになるはずです。

では、関係の濃さを増す努力とは何でしょうか。私は、人が集う機会を減らさない、できれば意識的に作ることであると思います。人が減り高齢化して、地域の担い手が少なくなっても地域行事を止めないとか、あるいは高齢者も参加しやすい形に変えて継続することなどです。

運動会

しかし、このような努力は、良くても現状維持、普通は延命措置のようなことではないでしょうか。

関係の濃さを増す手っ取り早い対策は、「飲み会」です。
ところが、私が住む田舎には近くに居酒屋がなく、交通の便が悪いため、町の居酒屋に行くにはマイカーを使わざるを得ません。帰りは運転代行を使うため、飲み代の倍の費用が掛かることになります。
今は、田舎でも自宅に他人を呼んで飲食することが稀になったため、この手っ取り早い手が使いにくくなりました。この面でも、田舎にはハンデイがあります。
宮口侗廸氏が提唱される「1集落1カフェ論」の方が、、「飲み会」より現実的なのかもしれません。

地域を盛り上げる、現状維持を超えて、活気をよみがえらせるには、地域を引っ張る地域リーダーが必要です。リーダーとなるには、冷めた人でなく、燃えた人に魅力があり適任で、人を引き付けるのです。その育成の努力は欠かせません。

基本的な制度と運営の仕組みを作るのは、行政の務めです。行政の知恵と実行力が物を言い、地域格差を広げることにもなります。

進歩や成果が見えにくい「地域おこし」「まちおこし」は、教育と似ています。

今回は、私が最近考えていることの総論でした。
テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報