fc2ブログ

太古の昔から日本本土の玄関であった南九州

 南九州、特に鹿児島は、太古の昔から、海外からの日本本土の玄関でした。今のように大型船や飛行機がない時代は特にそうでした。その具体例として、最近得た情報ですが、古代に日本を席巻した海外から南九州に漂着した民族や野菜についてお伝えします。

 

1 九州に漂着した三大族

内倉武久氏による説では、州に中国から三つの大族が漂着し、7世紀末まで日本の古代政権をになった勢力がありました。そのうちの二大族(熊襲於族と天族)は鹿児島に漂着しました。内倉武久氏のブログや書籍に書いてあるように、彼らが大和政権の前に、九州政権を確立し、全国に足跡を残しました。三大族は、漢民族に中国南部から追い出されたボートピープルと考えられます。

三大族の連結

 

その裏付けの一つとして、NHKのテレビ番組「私たちは何者か~DNAで迫る現代日本人への道」でも紹介していましたが、2021年の金沢大学の遺跡出土人骨のゲノムデータ解析から、古墳時代(3世紀中頃から7世紀末)から現代人に近い「東アジア」ルーツが急激に増えていることが示されました。

日本人ゲノムの変遷

 

2 鹿児島に伝来した野菜

① サツマイモ

最近、サツマイモが日本本土に最初に着いたのが鹿児島県の大隅半島の高須であったという本を読みました。右田守男著『サツマイモ本土伝来の真相』です。 
サツマイモ本土伝来の真相_連結

 通説では、サツマイモは今の鹿児島県指宿市山川の漁師・前田利右衛門が、宝永2年(1705年)に琉球から薩摩に持ち帰り普及したと言われています。

しかし著者によると、江戸時代に漁師が前田という姓を持つことはなく、また当時の漁師が山川から 約760キロ余り離れた遠方の琉球に出かけて漁をすることはありえず、さらに実像を示す決定的な資料もないなど、漁師の前田利右衛門が琉球からサツマイモを持ち帰ったことはありえないと主張しています。

著者は、右田家の家系図、時代背景、サツマイモのルーツを再検証して、実際は親・子・孫の3代に渡って官途俗名を世襲した、今の鹿児島県鹿屋市高須町の薩摩藩士・右田利右衛門が、琉球からサツマイモを持ち帰り、大隅、薩摩地方に普及させたとして、上記の通説を覆しました。

 

② 落花生

田中良八は文政6(1823)年、垂水の新城の大浜で浦人・田中善兵衛の長男として生まれました。明治12(1879)年立春のころ、漁業の先進地の鹿児島の山川に視察に行き、滞在した旅籠でお茶請けとして「琉球豆」という珍しい豆が出されました。旅籠の主人の話によると、それは中国から琉球へ伝わった「落花生」で、南京豆、地豆などと呼ばれ、琉球から戻ってきた人の土産にもらった豆だということでした。

良八はその豆に興味をもち、10粒をもらって帰りました。4月初め頃、持ち帰った種を試しに植えてみたところ、秋にみごとな収穫となりました。


当時、農漁民の社会的経済的な地位の向上を目指していた良八は、換金作物を主体とする農業経営が必要だと考えていました。
さらに、村ぐるみで増産計画を進めることが良策と考えた良八は、落花生栽培5ヶ年計画・栽培要項・指導要領を作成して戸長の中村思無邪氏を訪問し、説得に努めて実現しました。また明治16(1883)年には、花岡村の戸長を訪ねて落花生栽培を始めることを勧めた結果、花岡は落花生の一大生産地となりました。

(参考文献:上園正人「落花生翁田中良八について」―『七岳』第20号)

落花生翁_連結

 

③ ムクナ豆

前回のブログでも取り上げた豆です。

ムクナ豆はツル性の豆で、インドや東南アジアが原産と言われています。日本では八升豆と呼ばれ、江戸時代に鹿児島で食用に栽培されていたと聴きました。しかし硬い豆であるためか、その後に栽培されなくなりました。海外からの入手経路に関する資料は見つかりません。私は江戸時代に鹿児島では琉球から入手したと推測しています。

ムクナ豆_3連結

スポンサーサイト



テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

中国の長江文明を受け継いだ南九州

以前に、本ブログで古代史研究家の内倉武久氏の古代史説を「日本古代史の驚きの”事実と新説”」でご紹介しました。

内倉氏によると、『「熊曾於(熊襲)」族は紀元前5~4世紀ごろ?から、南九州一帯を拠点にして九州全域を勢力下に置いていた巨大氏族の総称である。『日本書紀』が説く日本史の上では「どうしょうもない蛮族ども」という位置づけがされてきた。しかし実は全く違う。彼らは「紀氏」と同様、大陸からのボートピープル主体の人たちである。製鉄・製錬技術、武具の製作技術、馬の利用方法、造船技術など当時の最新のテクノロジーを身に着けて渡来してきていた人々なのである。渡来の時期は、弥生時代前期から中期にかけてと思われる。(略)

 彼らの名前を今に伝える地名に「鹿児島県曽於市」があり、東側の宮崎県串間市からは日中を通じて最大級、最高級の権威の象徴である「玉璧(ぎょくへき)」(直径33.2センチ)が出土している。同じ形式の玉璧は広東省の南越王墓など中国大陸海岸部から多数出土している。現在、中国山東省南部や江蘇省北部,などからから熊曾於族の墳墓である地下式横穴墓や地下式板積み墓と全く同じものが多数発掘されている。』
地下式横穴墓の分布と図

最近、大陸からのボートピープルに関する情報を得るために、安田喜憲著『龍の文明 太陽の文明』(PHP新書)を読みました。この本によりますと、古代中国の南北文明の興亡で、以下に引用するように(一部に追加・削除した)、北方の漢民族の「龍の文明」は南方の「太陽の文明(長江文明)」を滅ぼします。

『北方の漢民族の「龍の文明」は、畑作・牧畜地帯で、龍を信仰する龍族が存在していた。一方、南方の「太陽の文明(長江文明)」は、稲作・漁撈地帯で、太陽や鳥、それに蛇を信仰する太陽族・鳥族・蛇族が存在していた。その南北構造のルーツは7千年前までさかのぼることができる。

4千年前ころ、長江文明が気候の乾燥化と北方の畑作・牧畜民の侵略によって衰退すると、北方の龍族が南方の太陽族・鳥族・蛇族を駆逐しはじめた。とりわけ3千年前以降の気候の寒冷化は、北方からの龍族の南下に拍車をかけた。

かくして太陽族・鳥族・蛇族の苗族たちは敗れ、雲南省や貴州省の山岳地帯へとおちのびていく。その一派が海上難民として日本列島にも到達し、日本民族へ受け継がれ生き残る。南九州に流れ着いて、稲作文明をもたらし、太陽、鳥、蛇を神とし崇拝する世界観を持ち、日本神話にもその影響を及ぼした。』
以下の
長江文明衰亡に関する図は、インターネットの公開情報から借用しました。
長江文明衰亡
『龍の文明 太陽の文明』には、両文明のシンボル模様に関する記述や写真が多いです。
南方の「太陽の文明(長江文明)」の典型的なシンボル模様は、稲作に必要な「太陽」と稲作・漁撈民が定住した湖沼地帯にいる「鳥」で、鳥が中国神話の伝説の鳥であるシンボル模様之「鳳凰」を誕生させたとしています。
その他のシンボル模様として、蛇、二匹の蛇がとぐろを巻いたダブルスパイラル(永劫の再生と循環をくり返すシンボル)、逆S字、牛、犬などがあります。

シンボル3連結_文字入

両文明の吉数にも違いがあり、「龍の文明」は九であり、「太陽の文明」は八か六です。日本人が好む末広がりの「八」の世界観の源流も「太陽の文明」にあった可能性があります。

さてここで、私が住む大隅半島の史跡や伝説を見聞きすると、「太陽の文明(長江文明)」のシンボルである太陽、鳥(鳳凰)、蛇、渦巻き、牛、犬が出てきます。その事例を以下にいくつか紹介します。
1 内之浦市の高屋神社の牛の木像
  高屋神社の拝殿の中を覗くと、牛の木像が置いてありました。
高屋神社と牛像

2 内之浦市の高屋神社、曽於市の熊野神社の渦巻文の彫り物
高屋神社の本殿の屋根の下の彫り物や、熊野神社の拝殿の向拝柱の上の彫り物に、渦巻きや蛇のような模様があります。高屋神社は景行天皇が熊襲征伐の際に創建されたと言われていますが、内倉武久氏は九州政権の天皇であった景行天皇が熊襲征伐するのは怪しいと言われています。上記の模様や牛の木像が内倉氏の主張を裏付けていると思います。
渦巻文の連結2_文字入

3 鹿屋市吾平町の中尾遺跡から出土した象嵌装太刀の心葉文(鳳凰)
中尾地下式横穴墓群(6世紀末頃)の6号墓より出土した大刀に銀による象嵌(地板に線を嵌め込む)でハート形文様(心葉形文)がCTスキャンによって鮮明に確認できました。心葉文は中国の空想上の鳥(鳳凰)を示しています。
象嵌装太刀と心葉紋_文字入

4 肝付町津曲のウガヤフキアエズノミコトの生誕伝説地に伝わる大蛇の出産伝説
生誕地に隣接する家主の森園純治氏から聴いた伝説です。「ここはトヨタマヒメが柏原で安産祈願のシオガキをして帰る時に急に産気づいたため、地元の人達が孟宗竹で産屋を造って差し上げて、ウガヤフキアエズノミコト(神武天皇の御尊父)を出産した場所と伝えられている。出産時はウガヤフキアエズノミコトが大蛇であったので、皆が恐れおののいてひれ伏したと言われている。昔は12月28日に地元の人が一握りのワラを持ち寄って長さ11ヒロ(16.5m)と33ヒロ(49.5m)のしめ縄を作り、蛇の姿にして飾る祭りがあった。」

『龍の文明 太陽の文明』の著者は「環境考古学」という学問分野を確立した理系の学者です。この本には、大阪府高槻市の今城塚古墳の石棺に、熊本県の宇土地方産のピンクの凝灰岩が使用されていることも書いてあるので、その事実を隠したがっている大学の考古学者ではないことも分かりました。

この本の内容は内倉武久氏の古代史説とも符合し、大和政権が捏造して蔑まれてきた「南九州の古代史」がこれから大きく塗り替わるような期待を持ちました。