fc2ブログ

ミネラル補給で発達障害を改善

農薬、除草剤、化学肥料、添加物が心身の健康を損なうと言われだしてから久しく、関連の研究報告もあります。中でも農薬使用量と発達障害との関係は注目されます。
   農薬使用量と発達障害・自閉症の関係

特に広義の発達障害に含まれる自閉症・情緒障害特別支援学級に在籍する児童生徒数は、平成19年度以降、毎年、約6,000人ずつ増加しています。この20年あまりの間に7倍以上増えました。
発達障害の分類と特性

      

障害児童数の推移


発達障害は、専門医の治療を受けてもほんの少ししか改善しないそうです。しかし、小若順一・国光美佳著「食べなきゃ、危険!」(三五館)によると、ミネラルを補給するだけで、症状が劇的に改善するケースがあるそうです。さらに無農薬・無施肥栽培の野菜や穀物(オーガニック)を使用すれば、一層の効果が期待できます。
ミネラル不足パワーポイント

この本によると、人の必須微量ミネラルは少なくとも43種類あります。現在の野菜・穀物・加工食品にはミネラル分が減ったので、心身の健康障害が出やすくなったそうです。
ミネラルが減った原因は、野菜や穀物の肥料が化学肥料中心になったこと、河川や用水路がコンクリートで覆われて、山地などから供給されるミネラルが減ったこと、さらに食物の加工品に水煮食品(水溶成分が溶出)、リン酸塩使用食品(ミネラルがリン酸塩に結合)、精製食品(油、塩、砂糖などのミネラルを除去)が増えたことです。

この本には、ミネラル補給の効果を確認するために、38種類のミネラルが含まれている「無添加白だし(三合わせ)」を使ったモニター調査で、子供も大人も各種の健康問題が改善したと体験記がたくさん収められています。この本には「無添加白だし(三合わせ)」を使ったとしか書いてなく、その商品名は不明です。

「無添加白だし(三合わせ)」を使い始めると、子供たちのアスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害などの広義の発達障害が改善され、身体と精神が変化して行きます。例えば、アスペルガー症候群の小学校二年生は、母親が一日三回の食事に天然ダシを使い、給食で摂取できない分は、帰宅後に天然ダシを入れたジュースをおやつに飲ませたら、一週間でパニックを起こさず、気持ちが落ち着くようになった事例があります。「無添加白だし」で人によっては劇的な効果があり、驚きました。

また、大人たちの困った症状である、うつ、肌荒れ・舌の荒れ・口内炎、口臭、冷え性、足のつり、リウマチ、アトピー性皮膚炎・化学物質過敏症、低血圧、糖尿病などにも効果があります。
個人的には、以前に母にマルチビタミン・ミネラル剤を与えたら、その日から高血圧が改善したので、ミネラルの効果には関心があり、納得しました。

この本の最後に、各種のミネラル補給術についても書かかれています。 

増え続ける発達障害の子どもたちについて、多くの教育関係者は心配の素振りはするが、何とか助けたいという必死の行動がないようにみえます。原因の定説がないという言い逃れでいいのでしょうか。真理探求の王道は仮説の検証です。

前島由美という一人の女性が、本人も家族も苦しんでいるそのような児童を、上記の本「食べなきゃ、危険!」を読んだことを契機に、仮説を立てて食の改善と生活指導で立ち直らせています。その実例集がこの本「輝きを取り戻す”発達障がい"と呼ばれる子どもたち」です。

     発達障害改善実例集本 

教育関係者に是非読んでいただき、具体策を学んで発達障害で苦しんでいる子どもと親御さんたちを救っていただきたい。

なお、韓国にならってか、日本でも、千葉県いすみ市や石川県羽咋(はくい)市などのいくつかの市で学校給食にオーガニック野菜・穀物を取り入れようとしているのは微かな希望ではあります。
スポンサーサイト



アメリカはなぜガンが減り、日本は増えるか?

米国の癌が減った本_800KB

今回紹介する本は、発刊が2002年と古いが、私が知らないガンに関する情報が多く、日本もアメリカの健康政策を見習う必要があると考えさせられました。その本名はアメリカはなぜ「ガン」が減少したか”です。以下にその内容のエッセンスを紹介します。

「米国では、医学が進歩したのに病人が増えている原因を究明するため、フォード大統領が1975年に国家的な大調査を行い、調査委員長の名前をつけたマクガバン・レポートが出た。」

「そのレポートの結論は、”米国の食事がガン、心臓病、糖尿病などの現代病を生んでいる。特に、ビタミン、ミネラルの不足が目立つ。”そこで、1997年7月、世界がん研究財団と米国がん研究財団は、以下の数値目標を入れた食品と栄養によるガン予防14ヶ条を出した。」

1.食事内容:野菜や果物、豆類、精製度の低いデンプン質などの主食食品が豊富な食事をする。
2.体重:BMI(体重kg÷身長m÷身長m)を18.5~25に維持し、成人期の体重増加は5kg未満にする。
3.身体活動:1日1時間の速歩を行い、1週間に合計1時間は強度の強い運動を行う。
4.野菜と果物:1日400~800gまたは5皿以上(1皿は80g相当)の野菜類や果物類を食べる。
5.その他の植物性食品:1日に600~800gまたは7皿以上の穀類、豆類、芋類、バナナなどを食べる。
6.飲酒:飲酒は勧められない。飲むなら1日男性は2杯(=日本酒1合)、女性1杯以下。
7.肉類:赤身の肉を1日80g以下に抑える(赤身の肉とは、牛肉、羊肉、豚肉)。
8.総脂肪量:動物性脂肪を控え、植物油を使用して総エネルギーの15~30%の範囲に抑える。
9.塩分:塩分は1日6g以下。調味に香辛料やハーブを使用し、減塩の工夫をする(酢の使用もよい)。
10.かびの防止:常温で長時間放置したり、かびがはえた食物は食べないようにする。
11.冷蔵庫での保存:腐敗しやすい食物の保存は、冷蔵庫で冷凍か冷却する。
12.食品添加物と残留物:添加物、汚染物質、その他の残留物は、適切な規制下では特に心配はいらない。
13.調理法:黒焦げの食物を避け、直火焼きの肉や魚、塩干燻製食品は控える。
14.栄養補助食品:この勧告を守れば、あえてとる必要はなく、がん予防にも役立たない。

ガン抑制効果のある食品_260KB 
「さらに官民一体となって西洋医学だけでなく、東洋医学や民間療法も取り入れた「統合医療」の道を歩み始めた。日本の厚生労働省にあたる役所に「代替医療部」が設置され、食事療法に力を入れた。
その国家プロジェクトの成果が実って、以下の図のように1992年以降、増え続けていたがんの死亡数が減少に転じた。」

米国全ガン死亡率の推移(加工)

東京大学医学部附属病院放射線科准教授の中川恵一氏はこう断言する(週間現代 20141014)。
「人口10万人当たりで換算すると、日本人の死亡数は米国の約1.6倍にもなっている。意外なことだが、日本は先進国であるにもかかわらず、ガンが原因で亡くなる人が増え続ける唯一の国である。」(下図参照)

        日本の主要死因別死亡率(加工2)

そうであれば、日本も、予防医学にもっと力を入れるべきです。

この本は、さらに以下のように続く。
「日本でも、マクガバン・レポートの影響下で作成したと思われる国の健康政策が1985年以降に何回か登場した。「食生活指針」や「運動指針」は、常識的な内容で新しい情報がなく、国民への影響力はなかった。」

「アメリカでは、健康だけでなく、人間の学力、知力、情動など”心”の部分にもビタミンやミネラルが重要で、脳を健全化することが研究され、実証された。」

「微量ながらミネラルが欠けるとビタミンは正常な機能を果たせなくなるので、ビタミン以上にミネラルが重要である。米国国立科学財団は、”人間の健康維持には45種類のミネラルが必要である”という調査結果を出した。」

「ビタミンと違ってミネラルは人体内で合成できないので、人は土に含まれるミネラルを、穀物・野菜・果実などから補給してきた。日本の田畑では、昔は人糞や残飯を肥料として使っていたのでミネラルがリサイクルしていた。ところが、窒素リン酸カリの化学肥料を使うようになったため、田畑はミネラル不足になった(他国も同様な傾向)。そこで、サプリメントからミネラルを補給するようになった。」

「著者がアメリカでミネラルのサプリメントを調べた結果、自信を持って勧められるのが”植物ミネラル”である。その原料は、古代の植物が堆積して石になった植物堆積岩”ヒューミックシェール”(下記写真参照)であり、74種類のミネラルが有機物として含まれている。それを抽出した”植物ミネラル”は成分バランスと人体への吸収率(99%)が良く、健康回復や難病の治癒に有効との報告がある。」

ヒユーミックシェールAとB結合 
Amazonで”植物サプリ”の商品を見ると、液体で通常のサプリより料金が高いよううです。今後もこの商品の動向を注目したい。

この本は日本の健康政策に警鐘を鳴らし、個人レベルで健康維持の取り組みへの自覚を促しているように思えます。


テーマ: 医療・病気・治療 | ジャンル: 心と身体

総合ビタミン・ミネラル剤で血圧が下がった体験談


血圧計2

 

90歳の母は血圧が高く、医師の指導で30年くらい降圧剤を服用していましたが、それでも上の血圧が140150mmHgと変わらないので、昨年、病院を変え、事情を話して薬を変えてもらいました。

その結果、数ヶ月かけて上の血圧が100110mmHgに下がりましたが、同時に元気がなくなり、日中でも寝ている時間が長くなりました。

 

母の元気を回復させる手立てはないものかと、ネット情報を検索していたら薬漬けの弊害】「薬やめる科」の医師が断言! 緩い 生活改善でも血圧は下がる』と題する松田史彦医師(日本自律神経免疫治療研究会会員・松田医院和漢堂院長)の解説が目に留まりました。

 

その解説に、「高齢者の場合、血圧が基準値より高いほうが、自分で身の回りのことができる「自立度」が高いと複数の研究でわかっています。

 その工夫としては、食事や運動、ストレス解消など、いくつもの方法があります。まず食事では、ビタミンやミネラル類を、しっかり補給することが非常に重要です。このために野 菜などをバランスよく摂取することが大事ですし、場合によっては、サプリメントを使ってビタミ ン・ミネラル補給を提案することもあります。」と書いてありました。

 

さらに、以下のように具体例の紹介がありました。

54歳の男性Aさんは、10年前から高血圧で降圧剤を飲んでいましたが、薬でも最大血圧が160Hgまでしか下がらないため来院。Aさんは、慢性的な頭痛にも悩まされていました。

 食生活の分析から、ミネラル不足と診断。ミネラルのサプリメントと、かつ、できる範囲内の運動をお勧めしました。そして、降圧剤の量を半分にへらして、様子を見ることにしたのです。

 その効果は、驚くほど早く現れました。血圧がどんどん下がり始め、2週間後には、最大血圧が128Hg、最小血圧が74Hgを記録。頭痛もあっさり解消したのです。その後、降圧剤をゼロにして、ミネラル摂取と運動を続けてもらっています。血圧は、薬をやめたのちも、120140 Hgで安定し、元気に過ごされているのです。


そこで、母にこの解説を読んでもらい、小生が毎日摂取している総合ビタミン・ミネラル剤の「ディアナチュラ ストロング39アミノマルチ 300」(アサヒ食品グループ社製)を日に3錠摂取し、降圧剤の服用量を半分に、日に3回以上の血圧測定をしてもらいました。

そうしたら、初日から、血圧が
110mmHg程度と変わらず、2日間安定していました。その後、降圧剤の服用を20日間ほど止めていますが、血圧が120mmHg程度で安定して推移しています。

ただし、2回、血圧が150mmHgくらいになった際に、降圧剤を指定量の半分飲んだそうです。その2回以外は降圧剤を飲んでいません。


 

母は30年間、効かない降圧剤を飲んでいたのでしょうか? 血圧が高い原因を調べる方法はないのでしょうか? ビタミンやミネラル不足が高血圧症の原因になるということを、知らない医師が多いのではないでしょうか? 等々、今では普通の病気となった高血圧症にも、疑問な点が多いことを知りました。

 

短期間ですが、以上の劇的な体験は驚きでした。母はビタミンやミネラル不足であったと思われますが、具体的な不足成分はわかりません。今後も頻繁に血圧を測りながら、経過を観察します。

 

高血圧症の原因は、食塩のとりすぎ、肥満、ストレス、飲酒、喫煙と言われていますが、いずれにも当てはまらない人は、偏った食事などにより、ビタミンやミネラルの欠乏を考えてみるのも良いかもしれません。特に高齢者にはありがちなことです。

健康診断でビタミンやミネラルのバランスを診断してくれるといいですが、きっと検査・診断は高額になるのでしょうね。

 

また、【医師解説】降圧剤(血圧を下げる薬)の副作用で認知症に!? 180ミリなら無理に下げなくて良い』には、60歳以上の場合、最大血圧が180Hg以下なら、薬を飲む必要はないと書いてあります。

このような血圧の基本的な診断・処方に関しても、多くの説があるようで、真理は何処にと思うことしきりです。


テーマ: 医療・病気・治療 | ジャンル: 心と身体