fc2ブログ

蛍の隠れた名所「鷹直神社」

どういうわけか、蛍がよく出る所を知らないかと尋ねられることが多くなりました。蛍に関心がある人が多くなったのでしょうか。
そのような折に、5月の中旬頃、親戚の者が、かのやばら園の下にある鷹直(たかなお)神社に行ったら、蛍が多いのに感激したと知らせてくれました。

5月27日(土)の15時頃に、場所の下見に鷹直神社に行きました。
横山町から「かのやばら園」に向かう道に入って進み、バラ園に向かう坂を登らないで、400mくらい直進します。なお、そこまでの道の各所に、「蛍の隠れた名所 鷹直神社」と書かれた赤い旗が立っています。


鷹直神社の石碑と駐車場
鷹直神社と書かれた石碑から左折すると、蛍に時期は、駐車場で行き止まりになります。


鷹直神社参道と鳥居
そこから参道を歩くと、鳥居が見えてきます。鳥居から石段を上ると社があります。なお、暗くなると、参道に足元を照らすライトが点いていました。


鷹直神社鳥居横の小川と蛍1
鳥居の横の小川の近辺に、19時半頃から20時半頃に、たくさんの蛍が舞っていました。私が、このような多量の蛍を見たのは数十年ぶりです。


蛍
平家蛍のようです。鳥居から階段を登って社の後ろの林には、源氏蛍がいると地元の人が言っていました。当日そこで、私は1匹しか蛍を見ませんでした。


子どもたちの蛍狩り修正
20時過ぎに子供連れの家族が来て、賑やかになりました。




昼間に下見に行ったときに会った地元の人に聴いたら、3、4年前から蛍の餌のカワニナを撒いたり、上流にある池から小川に流れる水量を制御したり、下草刈りなどをするなどの環境整備をした結果、多量のホタルが出るようになったそうです。

スポンサーサイト



テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

西郷どんのレジャーランドにある「かのやばら園」

バラ園全景
「かのやばら園」のばらが見頃だと聞いて、5月20日にばら園に行って、園内を歩き回りました。

バラ群生
各種のばらが群生して咲き誇っていて、どの花壇も見ごたえがありました。

バラ大輪結合JPG
春のばらは全体の華やかさを、秋のばらは一輪一輪の花を楽しむものだと言われていますが、春のばらも一輪一輪を楽しめると思いながら写真を撮りました。

連結3縦バラ
開いたばらの近くには、膨らみ始めた蕾があるので、しばらくはばらの見頃が続くことでしょう。

プリンセスかのや
鹿屋オリジナルのばら「プリンセスかのや」は、花びらの表が赤色で、裏が白色なので、私でも見分けることができます。しかし、このばらが群生して、綺麗に咲き誇る姿を見たことがないので、秋に見るのが適したばらなのかもしれません。今回は写真のように、外の花壇と温室でいつもよりは綺麗な姿で見ることができました。

ばらの年間の管理作業
ばらの”出来不出来”は、1月の施肥(寒肥)で8割方決まり、その後の花がらや黄ばんだ葉の摘み取りなど、日頃の管理も大事だそうです。管理事務所に尋ねると、月毎の具体的な管理法を教えてもらえるようです。

南洲庵
ばら園の外には、西郷隆盛ゆかりの茶室「南洲庵」があり、そこの説明板には、「ここ霧島ケ丘を狭しと“翔ぶが如く”走狗する大西郷の姿が目に浮かぶようである」と書かれています。

「かのやばら園」は、ウサギ狩りをして楽しむ西郷どんの遊び場(レジャーランド)の一角でもあることを知らない人が多いようです。これを宣伝すると、「かのやばら園」に来た人が西郷どんの姿やウサギが跳ね回る丘陵を想起して、一層愛着が増すばら園になると、私は思っています。リピーターの多い観光名所は、どこも何かを想起させる場所なのですから。
テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報

霧島ヶ丘公園の見事なコスモス

11月13日(土)に鹿屋市の霧島ヶ丘公園に行きました。公園は丘陵地帯にあります。ちょうどその時は、鹿屋市農業まつりと全国丼サミットが開催されていたので、道路は一方通行になっていて、登りは車で渋滞していました。


霧島ヶ丘公園地図
上図の右にある駐車場から遠くの展望台(上図の左端)まで、中央の「ふれあいロード」が真っ直ぐに伸びています。そして、その周囲は、群生したコスモスが見事に咲き乱れていました。ここのコスモスを初めて見て、その規模に圧倒されました。


ふれあいロード

コスモス畑1

コスモス畑2

コスモス畑3

この季節、大隅半島の各地にコスモスの群生が見られますが、霧島ヶ丘公園のコスモスは、その広大な植え付け面積のため、他を圧倒する迫力があります。


コスモス迷路
コスモス畑の中が迷路になっているものがあり、遊びと花の鑑賞のため、子供も大人も迷路に入っていました。

1週間前に、ここのコスモスが最盛期で見頃であると知人から聴きました。しかし、13日も最盛期であるように見えました。まだ、花の蕾が沢山あるので、しばらくは見頃が続くことでしょう。コスモスの見頃の期間は長いのですね。


草スキー場
芝生の斜面では、子供がソリで滑って遊んでいました。広い園内には展望台や各種の遊具、芝生広場、ゴーカートなどがあり,家族連れで行くと楽しく過ごせます。
この日は、歩きながら鹿児島湾(錦江湾)や高隈山も、よく見えました。展望台に上ると、さらに遠くまで視界がひらけることでしょう。


鹿屋バラ園
隣りにある「かのやばら園」は、この季節は花が少なく、わびしい感じがしました。
しかし、その近くで、見事なコスモスを見ることができて、来てよかったと満足しました。

テーマ: 鹿児島 | ジャンル: 地域情報